茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む

茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年08月10日
商品形態:
電子書籍

茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む

  • 著者 石田 リンネ
  • イラスト Izumi
発売日:
2018年08月10日
商品形態:
電子書籍

月刊「プリンセス」にてコミカライズスタート!! 立身出世物語第四弾!

赤奏国に借り出された白楼国の文官・茉莉花は、赤の皇帝・暁月の無理難題に見事応えたことにより、“宰相候補の海成との結婚”という引き抜き計画に巻き込まれていく。
一方で、赤奏国の内乱を完全に終結させるための最後の戦が迫っていた。
戦を回避したい茉莉花は、暁月に意見書を提出するが「あんたの案で誰が満足する?」と破り捨てられ……!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 赤奏国に借り出された白楼国の文官・茉莉花は、戦を回避するための意見書を暁月に提出するが破り捨てられる。今回も茉莉花の活躍っぷりが凄い。暁月からのダメ出しから、発想の転換で「ないのら、作ればいい」の考え 赤奏国に借り出された白楼国の文官・茉莉花は、戦を回避するための意見書を暁月に提出するが破り捨てられる。今回も茉莉花の活躍っぷりが凄い。暁月からのダメ出しから、発想の転換で「ないのら、作ればいい」の考えに至った茉莉花。無事に解決して帰国した茉莉花に、珀陽は皇帝の立場からさらなる課題を突き付ける。今度の異動先はかなりヤバそう。また新たな伝説を作ることを期待してます。海成からの餞別品は、茉莉花にとって最高の贈り物だったね。海成と暁月またどこかで出てきて欲しいです。 …続きを読む
    皐月
    2019年02月15日
    65人がナイス!しています
  • シリーズ第4弾、またまた一気読み!赤奏国、後編と言ったところ。赤奏国の内乱を崩してきた茉莉花、まだまだ甘いことを言って暁月に激昂されますが、そこからの這い上がりが凄かった!間違いなく茉莉花の歴史の中で シリーズ第4弾、またまた一気読み!赤奏国、後編と言ったところ。赤奏国の内乱を崩してきた茉莉花、まだまだ甘いことを言って暁月に激昂されますが、そこからの這い上がりが凄かった!間違いなく茉莉花の歴史の中でも伝説的できごとだったのではないかと思えるほどの爽快感でした。暁月の大口説き文句には思わずきゅーんとしちゃいました!笑 ほとんど残像くらいしか出番がなかった珀陽も登場して、2人の気持ちに変化も!?ホッと一息ついたのも束の間、今度は御史台という大きな組織との対決が…珀陽の茉莉花育てはまだまだ続く。 …続きを読む
    あっか
    2021年01月13日
    61人がナイス!しています
  • 自分の長所や短所を見つめ直してどんどん進化していく茉莉花。自国に引き抜きたくもなりますよね…。暁月にぼそっと反撃するあたりが可愛かったです。そして天河さん、影の立役者。出された課題がとても面白かった。 自分の長所や短所を見つめ直してどんどん進化していく茉莉花。自国に引き抜きたくもなりますよね…。暁月にぼそっと反撃するあたりが可愛かったです。そして天河さん、影の立役者。出された課題がとても面白かった。 …続きを読む
    はな
    2020年05月14日
    46人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品