角川新書

横田空域 日米合同委員会でつくられた空の壁

首都圏を広く高く覆う空の壁、急上昇や迂回を強いられる民間機

発売日:
2019年02月09日
商品形態:
電子書籍
横田空域 日米合同委員会でつくられた空の壁 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川新書

横田空域 日米合同委員会でつくられた空の壁

首都圏を広く高く覆う空の壁、急上昇や迂回を強いられる民間機

  • 著者 吉田 敏浩
発売日:
2019年02月09日
商品形態:
電子書籍

首都圏を広く高く覆う空の壁、急上昇や迂回を強いられる民間機

羽田や成田を使用する民間機は、常に急上昇や迂回を強いられている。米軍のための巨大な空域を避けるためだ。主権国家の空を外国に制限されるのはなぜなのか。密室で決められる知られざる法体系を明らかにする。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「横田空域 日米合同委員会でつくられた空の壁」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「横田空域」には、実は国内法上の法的根拠は何もない。日本における米軍の権利など法的地位を定めた日米地位協定にも、何ら明文の規定もない。ただ日米合同委員会という密室の協議機関の合意にもとづくだけなのであ 「横田空域」には、実は国内法上の法的根拠は何もない。日本における米軍の権利など法的地位を定めた日米地位協定にも、何ら明文の規定もない。ただ日米合同委員会という密室の協議機関の合意にもとづくだけなのである。日米合同委員会では、日本側は全て文官だが、アメリカ側は在日アメリカ大使館公使を除いて、全て軍人である。そのため、アメリカ側は常に軍人の立場から、あらゆる軍事活動を円滑に進めることを最優先する。米軍優位の日米地位協定を土台にして協議する以上、ほとんどがアメリカ側の要求が通り、米軍に有利な合意が結ばれている。 …続きを読む
    Kentaro
    2019年03月20日
    19人がナイス!しています
  • 我が国日本は最も進んだ植民地政策のモデル国。 我が国日本は最も進んだ植民地政策のモデル国。
    100名山
    2019年03月29日
    5人がナイス!しています
  • 日本の主権のある領空にもかかわらず、アメリカ軍の傍若無人には怒りすら覚える。日本に取り戻すべきだと強く感じた。 日本の主権のある領空にもかかわらず、アメリカ軍の傍若無人には怒りすら覚える。日本に取り戻すべきだと強く感じた。
    高高一
    2019年03月16日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品