狼の義 新 犬養木堂伝

この男を失い、日本は焦土と化した。政界を駆けた孤狼の生涯を壮大に描く!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
480
ISBN:
9784041066430
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

狼の義 新 犬養木堂伝

この男を失い、日本は焦土と化した。政界を駆けた孤狼の生涯を壮大に描く!

  • 著者 林 新
  • 著者 堀川 惠子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
480
ISBN:
9784041066430

この男を失い、日本は焦土と化した。政界を駆けた孤狼の生涯を壮大に描く!

この男を失い、日本は焦土と化した。

最期の言葉は「話せばわかる」「問答無用」ではなかった!?
5・15事件の実態はじめ、驚愕の事実に基づく新評伝。
政界を駆け抜けた孤狼の生涯を圧倒的筆力で描く!!

「極右と極左は毛髪の差」(犬養毅)
日本に芽吹いた政党政治を守らんと、強権的な藩閥政治に抗し、腐敗した利権政治を指弾し、
増大する軍部と対峙し続け、5・15事件で凶弾に倒れた男・犬養木堂。
文字通り立憲政治に命を賭けた男を失い、政党政治は滅び、この国は焦土と果てた……。
戦前は「犬養の懐刀」、戦後は「吉田茂の指南役」として知られた古島一雄をもう一人の主人公とし、
政界の荒野を駆け抜けた孤狼の生涯を圧倒的な筆力で描く。
最期の言葉は「話せばわかる」ではなかった!? 5・15事件の実態をはじめ、驚愕の事実に基づく新評伝。

「侵略主義というようなことは、よほど今では遅ればせのことである。どこまでも、私は平和ということをもって進んでいきたい」
(1932年5月1日、犬養首相の日本放送協会ラジオ演説より)
真の保守とは、リベラルとは!? 明治、大正、昭和の課題を、果たして私たちは乗り越えられたのか?? 

※本書は2017年に逝去された林新氏が厳格なノンフィクションでなく、敢えて小説的な形式で構想し、着手したものを、堀川惠子氏がその意志を受け継ぎ、書き上げたものです。

もくじ

序章   古老の追憶 
第一章  戦地探偵人 
1、死闘 2、戦地探偵人 3、薩摩琵琶の音 4、戦場の将軍たち
第二章  政変とカミソリ官吏   
1、「命知らずのバカ野郎」 2、密偵 3、大隈一派 4、憲法の軌道 5、古島少年放浪記
第三章  憲法誕生 
 1、天敵、現る  2、早稲田の大風呂敷 3、大権と民権 4、憲法発布とテロル
第四章  帝国議会の攻防 
1、初の民選選挙 2、帝国議会の質問博士 3、二百十日の嵐 4、買収 5、投票箱を死守せよ
第五章  国粋主義の焔 
1、邂逅 2、狼の群れ 3、従軍記者 4、血の一滴まで 5、不平将軍の荒業
第六章  孤立する“策士”
1、“お伊勢参り” 2、内閣崩壊 3、二度の挫折 4、子規の遺言 5、貧乏所帯の夫婦喧嘩
第七章  革命 
 1、優男、孫文 2、武器密輸の誘惑 3、白紙委任の男 4、女将の献身
第八章  「憲政の神」 
 1、憲政擁護の嵐 2、冷めていた「憲政の神」 3、密教と顕教
第九章  「神」の憂鬱 
 1、訣別 2、バタ臭い男 3、神の座を下りる 4、老いる木堂
第十章  普選の代償 
1、普選、始動 2、さらば国民党 3、将軍の気炎万丈 4、妥協の産物 5、政界を去る日
第十一章 見果てぬ夢 
1、白林荘  2、初夏の南京  3、政友会総裁  4、分かれ道
第十二章 最後の闘争 
1、大命降下  2、密使  3、四面楚歌 4、古島の懊悩 5、バラの実
第十三章 テロルの果て 
終章   五月の空          
あとがき
主要参考文献

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「狼の義 新 犬養木堂伝」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 真の立憲政治の実現を目指し五・一五事件で軍部の暴力によりその生命を奪われた彼の真髄を目の当たりにした気がします。剛毅木訥仁に近し。彼は名の由来の言葉通りに生き抜いた真のリベラリストだったのではないでし 真の立憲政治の実現を目指し五・一五事件で軍部の暴力によりその生命を奪われた彼の真髄を目の当たりにした気がします。剛毅木訥仁に近し。彼は名の由来の言葉通りに生き抜いた真のリベラリストだったのではないでしょうか。 …続きを読む
    くれの
    2019年04月16日
    7人がナイス!しています
  • 最近読んだ本では出色のものの一つ。今時犬養や古島一雄などに興味を持つ人は少なかろう。今時識見があって下手な野心や金欲のない政治家などいたら天然記念物だろう。そんな人がかっては居たのだということを知るの 最近読んだ本では出色のものの一つ。今時犬養や古島一雄などに興味を持つ人は少なかろう。今時識見があって下手な野心や金欲のない政治家などいたら天然記念物だろう。そんな人がかっては居たのだということを知るのはいいことだ。子規との交流なども感動する。犬養を真に殺したものはある一定の流れに流されたものたちだが、そうした風潮に流された人間は自己の責任を感じていたのだろうか。今もこうした無責任さはそこらじゅうではびこっている。 …続きを読む
    カラコムル711
    2019年05月18日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品