第24回電撃小説大賞《大賞》受賞作

メディアワークス文庫

この空の上で、いつまでも君を待っている

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
258
ISBN:
9784048936255
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

第24回電撃小説大賞《大賞》受賞作

メディアワークス文庫

この空の上で、いつまでも君を待っている

  • 著者 こがらし 輪音
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
258
ISBN:
9784048936255

応募総数5088作品の頂点に輝いた第24回電撃小説大賞《大賞》受賞作!

“将来の夢”なんてバカらしい。現実を生きる高校生の美鈴は、ある夏の日、叶うはずのない夢を追い続ける少年と出会う。
 東屋智弘。自分とは正反対に、夢へ向かって一心不乱な彼に、呆れながらも惹かれていく美鈴。しかし、生き急ぐような彼の懸命さの裏には、ある秘密があって――。
「死んででも見たい何かって、あるんじゃないかと思うんだ」
 少年が守り抜いた約束と、奇跡の結末に触れたとき、再びページをめくりたくなる。
 夏の日を鮮やかに駆け抜けた、一つの命の物語。

もくじ

プロローグ 始まりの一夜
1 夏は最悪だ
2 ガラクタの王様
3 スクラップ・ドリーマー
4 夢が覚める時
5 ノブレス・オブリージュ
6 ボン・ボヤージュ
エピローグ 私は宇宙人だ

ピンナップ

キャラクター紹介

東屋智弘(あずまやともひろ)

小さな頃の約束を守るため、ある夢を追いかけている。高校2年生。

市塚美鈴(いちづかみすず)

東屋のクラスメイト。将来になんの希望ももてないでいる。

おすすめコメント

三秋縋(『三日間の幸福』『恋する寄生虫』他) 
「誰だって最初は、こんな幸せな物語を求めていたんじゃないか」


時雨沢恵一(『キノの旅 the Buarutiful World』)
「話の中で何度もジャンルが変わって、読んでいる方は何度も騙されて、最後に近づいてまた騙されるという構造が気持ちよかった!」


神康幸(ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』、映画『悼む人』他のプロデューサー) 
「自分以外は全員バカ、クラスメートは毛虫だと思っている主人公。こんなに口の悪いヒロインがいたか。しかし、少年と触れ合うことで劇的に成長していく。教室で語りかけるシーンに胸が熱くなり、ラストは感動の涙! みずみずしくリアルな表現のこの本は“宝石”だ」

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

イメージPV

「この空の上で、いつまでも君を待っている」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • やはりベタとは思いながら、青春&生命モノは読んでいて、頁を捲る手が止まらなくなりますね。レビュアー大賞課題図書でなければ、この歳になるとなかなか自分から進んで手にとるジャンルですが、やはり歳を重ねてか やはりベタとは思いながら、青春&生命モノは読んでいて、頁を捲る手が止まらなくなりますね。レビュアー大賞課題図書でなければ、この歳になるとなかなか自分から進んで手にとるジャンルですが、やはり歳を重ねてから読む分、自分の高校時代と重ね合わせ、淡くもあり、甘酸っぱくもなる読後感でした。大人になる直前まで、夢を諦めず、しっかり夢に対し真っ正面から向き合う姿にやはり胸がアツくなり、自然と涙が溢れてきました。展開はある程度、予想できてしまいますが、青春あり、ファンタジーありの王道的な作品も年に1度は読むべきですね。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2018年08月19日
    125人がナイス!しています
  • わたしの子どもの頃の夢、もう、すっかり忘れちゃったな。この本は、「夢を忘れないでね」と、伝えてくれる作品。高校生の美鈴は、美鈴以外馬鹿だと思っています。美鈴は、夢も将来やりたいこともありません。その一 わたしの子どもの頃の夢、もう、すっかり忘れちゃったな。この本は、「夢を忘れないでね」と、伝えてくれる作品。高校生の美鈴は、美鈴以外馬鹿だと思っています。美鈴は、夢も将来やりたいこともありません。その一方、馬鹿みたいな夢に一生懸命になっているクラスメイトの東屋。東屋の夢のために、美鈴や同じクラスの人だけでなく、先生や他のクラスの人までみんな一生懸命。夢を持ち続けることが奇跡を呼ぶんだな。どんなちっちゃな夢でも、夢をあきらめなければ、一人じゃ無理かもしれないけど、みんなと一緒ならどんな夢も叶うかも! …続きを読む
    のんき
    2018年09月01日
    97人がナイス!しています
  • 夢見ることをバカにして斜に構えている女子高生美鈴。ある日雑木林の中でガラクタの山と格闘しているクラスの男子東屋を見つける。ガラクタを使って壮大な夢を実現しようとしている東屋に呆れながらも毎日付き合い… 夢見ることをバカにして斜に構えている女子高生美鈴。ある日雑木林の中でガラクタの山と格闘しているクラスの男子東屋を見つける。ガラクタを使って壮大な夢を実現しようとしている東屋に呆れながらも毎日付き合い…。冷めた主人公と熱いけど命の秘密を抱える異性との物語というパターンですが、それはそれでうまくまとまっている。そしてその後は別作品かと思うようなSF展開。あーそういうことか!ご都合主義だけど、ハッピーエンドなのはよい。美鈴の性格破綻などツッコミ所は色々あるけれど、伏線が活きてくる展開は面白い。青少年におすすめ。 …続きを読む
    sea&pink(しーぴん)
    2018年04月08日
    97人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品