くじけない力 宮澤賢治も信じた法華経「自己肯定」の教え

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年01月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
160
ISBN:
9784048935647
ニコカド祭り2020

くじけない力 宮澤賢治も信じた法華経「自己肯定」の教え

  • 著者 立花 大敬
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年01月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
160
ISBN:
9784048935647

怒りや悲しみに負けたくない人、ダメな自分を救いたい人に贈るブッダの教え

困難や試練を前に「めげそう」「くじけそう」な時――
自分の中にある“怒り”“憎しみ”“悲しみ”に「負けそう」な時――
あるいは、「ダメな自分」がイヤでたまらない時――
「人間の生老病死の苦しみについて考え抜いて悟りを得たブッダ」の教え、
とりわけ『法華経』の教えが、必ずやあなたを救い、ラクにしてくれます。
宮澤賢治も信じたその『法華経』パワーの引き出し方を、やさしく解説します!
----
 私たちは、「自分をからめとっている“制限”や“制約”がなかったら良いのに」と思いがちです。自分の能力や才能の無さ、あるいは心身の障がいが、悔しかったり、悲しかったり、劣等感になっていたりします。時に、「なぜ、自分はこうなのか?」「なぜ自分は、こんなこともできないのか?」と腹が立ったり、死にたくなったりもするものでしょう。
 でも、お釈迦様の眼から見ると「それは違う」のです。

もくじ

【もくじ】
はじめに
 『法華経』で、自己嫌悪を手放す

第一章 『法華経』の真意とくじけない力
 『法華経』は湧喜を与えてくれるお経
 『法華経』の読み方
 『法華経』は親しみやすいお経
 大乗仏教の「一念三千」の教えとは?
 『法華経』は全体性を目指す
 「関わること(愛すること)」の深化
 お釈迦様の「授記」とは何か?
 「授記物語」の解説
 『法華経』で予言されている地球世界の未来像
 大地の底からの多宝塔の出現
 地涌の菩薩の出現
 「全体性獲得」の三段階
 いよいよ『法華経』の原文へ
 『妙法蓮華経 常不軽菩薩品 第二十』

第二章 強力な『法華経』の一節と宮澤賢治の世界
 渡邊玄道老師の教え
 天皇家と『法華経』
 宮澤賢治流・“怒りと悲しみ”の解消法
 宮澤賢治と『法華経』
 「大乗の坐禅」とは?
 『法華経』精神にもとづく、すぐ効く呪文

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「くじけない力 宮澤賢治も信じた法華経「自己肯定」の教え」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★★ ★★★★★
    startvalue
    2018年06月03日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品