父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ (1)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月26日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
180
ISBN:
9784041064979

父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ (1)

  • 漫画 いなほ 咲貴
  • 原作 みかみてれん
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月26日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
180
ISBN:
9784041064979

「美咲…パパ頑張るからな!」これは、とある中間管理職の男の物語――。

『美咲ね、将来はパパとケッコンするの!』世に溢れる生死を賭けるデスゲームの数々…そんな世の中でそれらを運営する企業があった。これは、そんなデスゲーム運営会社で働く、一人の男の物語である。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ (1)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小説版が面白かったから購入してみたが、小説とは展開が違っていたのね。コレはコレで面白い。 小説版が面白かったから購入してみたが、小説とは展開が違っていたのね。コレはコレで面白い。
    アウル
    2018年02月24日
    9人がナイス!しています
  • 【○-】倫理観欠如の世界観なのに身内を助けるためチートとかもうそれはダメ。アプローチの仕方がズルいのでは主人公に同情できるものがなくなってしまう。そもそも「善なる運営」など絶対に存在しないのだから。営 【○-】倫理観欠如の世界観なのに身内を助けるためチートとかもうそれはダメ。アプローチの仕方がズルいのでは主人公に同情できるものがなくなってしまう。そもそも「善なる運営」など絶対に存在しないのだから。営業なら営業でどんどんダークにブラックに攻めるしか破綻を避ける術はない。 …続きを読む
    祐樹一依
    2019年01月14日
    2人がナイス!しています
  • 結局、狂った世界じゃないか。 結局、狂った世界じゃないか。
    高城剣
    2018年03月16日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品