スーパーカブ3

「私にとって、スーパーカブってなに?」小熊が選ぶ、カブとのこれから。

  • 著者 トネ・コーケン
  • イラストレーター 博

「私にとって、スーパーカブってなに?」小熊が選ぶ、カブとのこれから。

両親も友だちも趣味もない、何もない少女だった小熊が、スーパーカブと出会って、もうすぐ1年。礼子・椎と今までよりも少し賑やかな毎日を過ごす彼女は、高校3年生になる。友だちと一緒の昼ご飯。当てもなく寄り道する放課後。バイクでしか出来ないアルバイト――カブは小熊の生活を変えた。「私はどこにでも行ける」東京の大学へ進学が決まり、新天地に思いを馳せる小熊だったが、大学生活は【バイク禁止】とわかり……。

ライトノベル売上ランキング

最近チェックした商品