文豪ストレイドッグス(14) 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年12月04日
商品形態:
電子書籍

文豪ストレイドッグス(14)

  • 著者 春河35
  • 原作 朝霧 カフカ
発売日:
2017年12月04日
商品形態:
電子書籍

宵闇は更に深く昏く――探偵社に存続の危機が迫る!

犯罪の証拠を消失させる異能力「完全犯罪」を操る虫太郎に、乱歩はかつてない苦戦を強いられる。推理小説家殺人事件、太宰の逮捕、謎の組織≪天人五衰≫の暗躍…そして、事態は思いもよらぬ展開を見せていく――!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「文豪ストレイドッグス(14)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 乱歩さんがカッコ可愛いかったです。後半はなかなかヘヴィな展開。続きが気になります。そして映画も舞台も気になっています。 乱歩さんがカッコ可愛いかったです。後半はなかなかヘヴィな展開。続きが気になります。そして映画も舞台も気になっています。
    蓮子
    2017年12月04日
    89人がナイス!しています
  • 2017/12/4発売。文豪ストレイドッグス大博覧会に行ったら再読したくなったので。前半は乱歩(+ポオ君)vs虫太郎、前巻からの続き。うっかり忘れがちだけど乱歩さんは異能者じゃないのよね…【完全犯罪】 2017/12/4発売。文豪ストレイドッグス大博覧会に行ったら再読したくなったので。前半は乱歩(+ポオ君)vs虫太郎、前巻からの続き。うっかり忘れがちだけど乱歩さんは異能者じゃないのよね…【完全犯罪】を打ち破るとは恐れ入りました。ポオ君に続き虫太郎も良い友達になれそうだと思った矢先に現れる殺人結社〈天人五衰〉。虫太郎は「次にくる仕事は受けるな、受ければ探偵社が滅ぶ」と言葉を残し消える。乱歩に反対されながらも仕事を受けてしまう探偵社だが犯罪者集団と見做され逃亡犯となる…はぁぁぁここからめっちゃ辛いんだよな。 …続きを読む
    ミキ(←ツイッターと同じにしました)
    2021年01月02日
    47人がナイス!しています
  • ショックだ、探偵社が、あの探偵社が…。一体こんなことになるまで夏目漱石は何をしているんだ、ちょろっと出ただけで隠居だからと殆ど何もせずに。乱歩さんがカッコよかったのが嬉しいけれど、国木田さんを始め、こ ショックだ、探偵社が、あの探偵社が…。一体こんなことになるまで夏目漱石は何をしているんだ、ちょろっと出ただけで隠居だからと殆ど何もせずに。乱歩さんがカッコよかったのが嬉しいけれど、国木田さんを始め、こんな状況に追い込まれて起死回生はあり得るのか。ちなみに横溝正史は知っていても、虫太郎さんは知らないのでどう比較してよいものか。いい話で終わって、この異能が味方になるのかと思いきや…。どんどん状況が悲惨になっていって、来年の新しい感が怖い。トップが狙われて命が危なかった時点でもドキドキしたのに。心臓に悪い文豪。 …続きを読む
    neimu
    2017年12月09日
    47人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品