文豪ストレイドッグス (2)

アニメ化作品|舞台化作品

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ComicWalker 作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年08月01日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
196
ISBN:
9784041208359

アニメ化作品|舞台化作品

文豪ストレイドッグス (2)

  • 著者 春河35
  • 原作 朝霧 カフカ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年08月01日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
196
ISBN:
9784041208359

梶井基次郎、泉鏡花参戦…!?

70億の賞金を懸けられ、マフィアに狙われることとなった中島敦。一度は逃げ出すことを考えたものの、厄介事の種である自分を社員として迎えてくれた探偵社に居つくことに。しかし、そこにマフィアの刺客が現れ…!

メディアミックス情報

NEWS

TVアニメ PV第3弾


TVアニメ PV第2弾


プロモーションムービー

『文豪ストレイドッグス』PV


「文豪ストレイドッグス (2)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2巻に入ると、さらに登場人物が増える。立原道造、広津柳浪、泉鏡花、梶井基次郎と敵陣営の能力者が刺客として現れる。探偵社vsマフィアという対立関係で戦闘を繰り返している物語ではある。ただ、読み進めていく 2巻に入ると、さらに登場人物が増える。立原道造、広津柳浪、泉鏡花、梶井基次郎と敵陣営の能力者が刺客として現れる。探偵社vsマフィアという対立関係で戦闘を繰り返している物語ではある。ただ、読み進めていくと、果たしてこの関係性はすべてのメンバーに当てはまるのか疑問に思ってしまうのだ。理由を知らないまま戦う者や、何か弱みがあり戦わざるをえない者がいるのではないかと思ってしまう。物語は伏線として複雑でわかりにくいものになっているのか、それとも同人誌的な展開で進んでいるのか、まだ結論をだすには早いような気がする。 …続きを読む
    masa@レビューお休み中
    2014年08月03日
    152人がナイス!しています
  • 使い易さは分かるけど梶井基次郎を悪役にするなんて・・・ 使い易さは分かるけど梶井基次郎を悪役にするなんて・・・
    takaC
    2014年01月01日
    89人がナイス!しています
  • 江戸川乱歩だけ異能者じゃないのは凄いけど、どうよ? まぁ、「僕が良ければすべてよし」ということで(笑) 江戸川乱歩だけ異能者じゃないのは凄いけど、どうよ? まぁ、「僕が良ければすべてよし」ということで(笑)
    くりり
    2016年01月03日
    84人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品