画家たちのフランス革命 王党派ヴィジェ=ルブランと革命派ダヴィッド

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年01月27日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
476
ISBN:
9784047036383

画家たちのフランス革命 王党派ヴィジェ=ルブランと革命派ダヴィッド

  • 著者 鈴木 杜幾子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年01月27日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
476
ISBN:
9784047036383

革命派と王党派、女と男、肖像画と歴史画──。対極的な2大画家が描く革命

マリ=アントワネットの肖像画家として貴族社会に愛されたゆえ、革命からナポレオン時代の初めまで亡命者として生きたヴィジェ=ルブラン。革命に身を投じたのち皇帝の首席画家となるも、ナポレオン失脚後は故国を追われたダヴィッド。王党派と革命派、女性と男性、そして肖像画と歴史画。対極をなすフランス近代の二大芸術家は、それぞれの運命を生き抜き、数多くの傑作を残した。200点超の図版とともに近代美術史の劇的な幕開けを描く。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「画家たちのフランス革命 王党派ヴィジェ=ルブランと革命派ダヴィッド」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 非常に読みごたえがあった。フランス革命を挟んだ時代に生きた著名な、全く異なる二人の画家の生涯を丹念に追いながら、なぜそのような生き方を選んだのか、残された書簡や膨大な絵画(依頼人も重要なカギ)から推察 非常に読みごたえがあった。フランス革命を挟んだ時代に生きた著名な、全く異なる二人の画家の生涯を丹念に追いながら、なぜそのような生き方を選んだのか、残された書簡や膨大な絵画(依頼人も重要なカギ)から推察しつつ、激動の時代を教えてくれる本。『レ・ミゼラブル』よりもよく分かった。若くしてマリ=アントワネットの肖像画家となり、王党派とみなされ亡命生活を送った女性画家ヴィジェ=ルブラン。一方、画家ながら革命派に加わり国民会議の議長も務め、ルイ16世をギロチン送りにした後、ナポレオンの首席画家となるダヴィッド。 …続きを読む
    yyrn
    2020年04月17日
    19人がナイス!しています
  • フランス革命期に活躍した二人の画家。ルブランは外に向かい亡命中も各国の芸術に触れ、肥やしにしている。ダヴィッドは内と過去に向け歴史的事件を作品にしている。王党派か革命派かで作品や生き方に影響を及ぼし何 フランス革命期に活躍した二人の画家。ルブランは外に向かい亡命中も各国の芸術に触れ、肥やしにしている。ダヴィッドは内と過去に向け歴史的事件を作品にしている。王党派か革命派かで作品や生き方に影響を及ぼし何もかもが対照的な二人。 …続きを読む
    まこ
    2020年08月08日
    10人がナイス!しています
  • ヴィジェ=ルブランといえば、マリーアントワネットをすぐに思い付くが、その他にも多くの作品があることを知った。また、その生涯もフランス革命の動乱にひきづられるものであったことを知った。 ヴィジェ=ルブランといえば、マリーアントワネットをすぐに思い付くが、その他にも多くの作品があることを知った。また、その生涯もフランス革命の動乱にひきづられるものであったことを知った。
    クサバナリスト
    2020年04月06日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品