富士見L文庫

喫茶アデルの癒やしのレシピ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年12月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040725116
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

富士見L文庫

喫茶アデルの癒やしのレシピ

  • 著者 葵居 ゆゆ
  • イラスト 烏羽 雨
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年12月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040725116

心を癒やすお菓子が人と人をつなぐ、ほっこりハートフルストーリー。

病気の祖母に頼まれ神楽坂の菓子店「アデル」を訪れた茅由が出会ったのは、店主を名乗る傍若無人で失礼な男・輝。
がっかりする茅由に彼は、信じられない言葉を告げる。
「魔女の最も大切な能力は、人の悩みを聞く力だ」
なんと輝は、薬菓子と呼ばれるお菓子で人の心を癒やす“魔女”。
でも壊滅的にお菓子作りが下手なせいで、店は潰れる寸前だという。
祖母のため、仕方なく助手として「アデル」で働きはじめた茅由が目にしたのは……?
優しいレシピが人の心をつなぐ、ほっこりハートフルストーリー。

メディアミックス情報

NEWS

「喫茶アデルの癒やしのレシピ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 茅由への物語依存度が高すぎる印象を受けたのと、狭いご近所づきあいの中のみで完結しているお話という点がちょっと残念だった。家族をテーマにしているのは良かった。 茅由への物語依存度が高すぎる印象を受けたのと、狭いご近所づきあいの中のみで完結しているお話という点がちょっと残念だった。家族をテーマにしているのは良かった。
    佐島楓@勉強中
    2017年12月23日
    40人がナイス!しています
  • 図書館本。非BL。大学生の茅由が神楽坂で出会ったのは、魔女「アデル」と名乗る男性の輝。薬菓子で人の心を癒す魔女と言うが⁉様々な悩みを菓子と会話で癒すと言う触れ込みは物語に入りやすいが、最近この手の題材 図書館本。非BL。大学生の茅由が神楽坂で出会ったのは、魔女「アデル」と名乗る男性の輝。薬菓子で人の心を癒す魔女と言うが⁉様々な悩みを菓子と会話で癒すと言う触れ込みは物語に入りやすいが、最近この手の題材には食傷気味(失礼)。男の魔女は目新しいし、密かな恋の予感も有りそうですが、もう一味何かが欲しい所。さらりと軽めに読了。 …続きを読む
    nono
    2018年09月07日
    14人がナイス!しています
  • 病気の祖母から知り合いの菓子店へお使いを頼まれた茅由。そこで出会ったのは一筋縄ではいかない薬菓子という人の心を癒す菓子を焼く魔女だった。しかし実際には焼けないという情けないありまさ。輝は茅由のどこをそ 病気の祖母から知り合いの菓子店へお使いを頼まれた茅由。そこで出会ったのは一筋縄ではいかない薬菓子という人の心を癒す菓子を焼く魔女だった。しかし実際には焼けないという情けないありまさ。輝は茅由のどこをそんなに気に入ったのかな。これも魔女の勘と言うやつかしら。喫茶アデルというタイトルだったけれど、まだ喫茶アデルじゃなかった(笑) 序章のような雰囲気。魔女は本当に魔女なのか微妙でただの変わり者としか思えない。 …続きを読む
    メルル
    2018年11月13日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品