シベリア抑留 最後の帰還者 家族をつないだ52通のハガキ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年01月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
280
ISBN:
9784040821757

シベリア抑留 最後の帰還者 家族をつないだ52通のハガキ

  • 著者 栗原 俊雄
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年01月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
280
ISBN:
9784040821757

終わらなかった戦争を家族は生き抜いた。ある家族が繋いだ奇跡の一次資料!

終わらなかった戦争を、家族は生き抜いた。
最後の帰還者が持ち帰った、奇跡の一次資料。

未完の悲劇、シベリア抑留。最後の帰還者の一人、佐藤健雄さんが妻とし子さんらと交わした葉書が見つかった。
ソ連は国際法違反である抑留の実態を知られぬために、文書の持ち出しを固く禁じていた。
しかし、佐藤健雄さんは妻たちと交わしたハガキを密かに持ち帰っていた!
一つの家族がつないだ奇跡の一次資料を元に、終わらなかった戦争を描く。

<目次>
はじめに
第一章 佐藤家の人びと
第二章 抑留される
第三章 抑留生活の日々
第四章 命のハガキ
第五章 見えない出口
第六章 帰国、再会まで
第七章 ソ連研究の専門家として
終章
おわりに
参考文献

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

はじめに
第一章 佐藤家の人びと
満鉄調査部/一九四五年、満州の生活/関東軍は事実上、民間人を置き去りにした/停戦交渉/「一緒に行けない。頼んだぞ」/総裁布告/満鉄四〇年の死に水取りに加わる etc

第二章 抑留される
政府は、同胞を「賠償」としてソ連に提供しようとした/およそ六万人が死んだ/「生き残った者はね、加害者なんですよ」/「スターリン大元帥へおくる感謝文」/抑留の研究は絶望的に立ち遅れた etc

第三章 抑留生活の日々
「大きくなったら捕虜になるんだ」/判決文/遺体は「丸太」のように固くなった/死んだ仲間の墓穴を掘る etc

第四章 命のハガキ
日本政府は独自の外交はできなかった/ハガキは暗闇にともる灯りだった/検閲/文には親の歓喜がにじむetc

第五章 見えない出口
復興から取り残された日本人同胞たち/ソ連は名簿を交渉カードにした/「どこの国の議員なんですか?」と聞きたくなる発言/留守家族は雪が降る中、座り込みをした/日本政府は帰還者や遺族への補償を拒否した etc

第六章 帰国、再会まで
人質外交への思い/一一年ぶりの再会/「友情」

第七章 ソ連研究の専門家として
 抑留者を待っていた差別/元関東軍参謀でソ連のスパイとなった男/「笑顔でここに来ることができて良かった」/祖父母達の残像/ハガキは日本現代史の超一級資料だ

終章
ハガキは日本現代史の超一級資料だ/“イヌ”にならなかった二人/闇を照らす、確かな光源

おわりに
参考文献

メディアミックス情報

NEWS

「シベリア抑留 最後の帰還者 家族をつないだ52通のハガキ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シベリア抑留はソ連の国際法違反の犯罪である。抑留者で最後の帰還は1956年。実に11年間の抑留を生き抜いたことは奇跡と思う。紹介されている佐藤健雄さんは福島県喜多方市(旧山都町)の出身で、身近に感じ手 シベリア抑留はソ連の国際法違反の犯罪である。抑留者で最後の帰還は1956年。実に11年間の抑留を生き抜いたことは奇跡と思う。紹介されている佐藤健雄さんは福島県喜多方市(旧山都町)の出身で、身近に感じ手に取った。シベリア抑留については何冊か読了している。改めて知ったのは、抑留者が日ソ間の外交問題のカードとして使われたこと。人質として抑留者を扱ったソ連は実に恐ろしい国家だ。北方領土の四島返還も容れられず、平和条約締結時に二島返還としたが現代もそのまま。日本政府も抑留者への支援の強化や追悼式典が必要と思う。 …続きを読む
    yoshida
    2020年01月10日
    111人がナイス!しています
  • 私事ですが、亡くなった父は終戦時満洲にいました。私が幼い頃何度か満洲での思い出を話すよう促したのですが、一度も口にすることはありませんでした。ただ一言父が言ったことで覚えていることは、「ロシア人を信じ 私事ですが、亡くなった父は終戦時満洲にいました。私が幼い頃何度か満洲での思い出を話すよう促したのですが、一度も口にすることはありませんでした。ただ一言父が言ったことで覚えていることは、「ロシア人を信じるな」でした。満州で余程つらい経験をしたしたのでしょう。本書を読んで父のことを思い出しました。ポツダム宣言を無視して、日本人を抑留したばかりか、抑留者を人質にして北方領土の日本への返還を阻止したロシア。この歳になって、ロシア人についての、実体験に基づいた父の言葉が段々と真実味を帯びてきています。 …続きを読む
    ケニオミ
    2018年06月23日
    17人がナイス!しています
  • 第二次世界大戦後シベリアに抑留され、帰国に11年を要した父親と、先に帰国していた母親と5人の子どもの一家の間で行き交った52通のハガキをもとに、シベリア抑留の実態と、抑留者の帰国に向けた日ソ間の交渉の 第二次世界大戦後シベリアに抑留され、帰国に11年を要した父親と、先に帰国していた母親と5人の子どもの一家の間で行き交った52通のハガキをもとに、シベリア抑留の実態と、抑留者の帰国に向けた日ソ間の交渉の歴史が明らかにされています。国交回復交渉の取引材料にされて帰国が先送りされる中でも、家族とのハガキを支えに帰国への強い意思を持ち続け、劣悪な生活環境を乗り切った抑留者の方々、そして帰国を信じて待ち続けた家族の方々には頭が下がります。 …続きを読む
    おせきはん
    2018年07月20日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品