何ものにも縛られないための政治学 権力の脱構成

あらゆる支配を打ち破れ!最注目のアナキズム研究者が贈る無強制の政治学。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041061251
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

何ものにも縛られないための政治学 権力の脱構成

あらゆる支配を打ち破れ!最注目のアナキズム研究者が贈る無強制の政治学。

  • 著者 栗原 康
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041061251

あらゆる支配を打ち破れ!最注目のアナキズム研究者が贈る無強制の政治学。

カネにも、人間関係にも、国家にも、
縛られない。強制の理屈を破戒する。
あらゆる支配を打ち破れ!
『村に火をつけ、白痴になれ』で旋風を巻き起こしたアナキズム研究者が放つ、【無強制】の政治学!!

アナキズムとは、「支配されない状態」を目指すことだ。
“自由で民主主義的な社会”であるはずなのに、なぜ私たちはまったく自由を感じられないのか?
息苦しくなるほどに、束縛を感じてしまうのはなぜか?
 この不快な状況を打破する鍵がアナキズムだ。これは「支配されない状態」を目指す考えである。
【無強制の政治学】という視点から、過去の思想と実践をわかりやすく振り返りつつ、現代社会の支配のルールを破戒する!
カネに、人間関係に、社会に、国家に縛られない!! 社会契約をクーリングオフせよ。
ゼロ憲法を宣言せよ!
「神を突破せよ、この世界を罷免してやれ。さけべ、アナーキー!」

○一番たちが悪いのは、民主主義の名のもとに憲法制定権力をたちあげることだ。
○契約も交換も自明のことなんかじゃないんだ。
○なんどでも、権力の脱構成をやってやろう。etc.

もくじ

はじめに
 革命とはサルがオナニーするのとおなじことだ たえず逆むきの時間を生きろ/この都市のそこかしこに山をつくれ etc.
第一章 社会契約って、いつむすんだの?
 【サーリンズ/グレーバー】契約も交換も自明じゃないんだ。/未来のない運動をやろう/議会制民主主義とはなにか?奴隷のくせして、主人のまねごとetc.
第二章 自由をぶっとばせ   
 【シュティルナー】アートじゃダメなんだ。財産は窃盗である、どろぼうになれ。/政治的自由主義--ギャア!!!/社会的自由主義--マジ、陰険/人道的自由主義--なにがクリエイティブだ、このやろう etc.
第三章 革命はただのっかるだけだ
 【バクーニン/ルイズ・ミシェル】ひとを中心にするか、出来事を中心にするか。/自分を統治したいんじゃない、だれにも統治されたくないんだ/もしわたしを生かしておかれるなら、復讐の叫びをあげることをやめないでしょうetc.
第四章 革命はどうやっちゃいけないのか?
 【クロポトキン/マフノ】一番たちが悪いのは、民主主義の名のもとに憲法制定権力をたちあげることだ。/ツァラトゥストラはこういった みんな警察がキライ/あらゆる支配にファックユー、てめえの掟にアッカンベー アナーキー、アナーキ、パルチザン! etc.
第五章 ゼロ憲法を宣言する    
 【ランダウアー/クラストル】なんどでも、権力の脱構成をやってやれ。つねにチクショウから入ろう。/国民を捨てろ、階級を捨てろ、自分を捨てろ 捨てたその自分さえ捨ててしまえ/いくぜ、レーテ共和国 わたしはカオスが好きだ etc.
おわりに
主要参考文献

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「何ものにも縛られないための政治学 権力の脱構成」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • アナーキストの著者による300ページ超のポエム。 // 無政府主義者と聞くとワタシはいの一番に読売新聞の復活から爛熟を想起する。 どういうことか? まずは時計の針をぐるぐると1923年にまで戻そう。こ アナーキストの著者による300ページ超のポエム。 // 無政府主義者と聞くとワタシはいの一番に読売新聞の復活から爛熟を想起する。 どういうことか? まずは時計の針をぐるぐると1923年にまで戻そう。この年誰もが聞き覚えのある「関東大震災」が起こり、その後「虎の門事件」というあまり聞きなれない事件が勃発した。結論から書けば、この2つの事象が結びついて読売新聞爛熟の下地が生まれたのだ。その経緯を順を追ってしたためよう。 1923年時点において、読売新聞は関東圏限定の中新聞社だった。そのため関西支社などをもたな …続きを読む
    hk
    2018年11月14日
    19人がナイス!しています
  • アナキズムの系譜と主な考え方を独特の栗原リズムと文体でまとめた。とにかく逃げる、パルチザン的に勝てるところで勝つ。すべての権力から逃避する。同じ土俵に乗らない。ありのまま、感じるまま生きる。それらの主 アナキズムの系譜と主な考え方を独特の栗原リズムと文体でまとめた。とにかく逃げる、パルチザン的に勝てるところで勝つ。すべての権力から逃避する。同じ土俵に乗らない。ありのまま、感じるまま生きる。それらの主張はわかりやすく、かつ実行しにくい。実行しにくいと感じるところが、「民主主義」などに絡め取られている自分の限界なのかもしれないが。マルクス主義の影に隠れて、アナキズムは「無責任」ととらえられがちだが、「その責任ってだれに対して?」という問いを対置するのがアナキズムと知った。 …続きを読む
    つくえくん
    2018年10月10日
    12人がナイス!しています
  • 人間は自由の刑に処せられている。自由という名の牢獄に囚われている。民主主義という名の奴隷制の中で、ひとがただの数字に還元されてしまうこの世の中で、ほんとうの自由を生きるということはどういうことなのか。 人間は自由の刑に処せられている。自由という名の牢獄に囚われている。民主主義という名の奴隷制の中で、ひとがただの数字に還元されてしまうこの世の中で、ほんとうの自由を生きるということはどういうことなのか。わたしも、いつだって逆むきの時間を生きたいと思う。 …続きを読む
    squarerose
    2019年01月04日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品