ようこそ実力至上主義の教室へ 7 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年10月25日
商品形態:
電子書籍

ようこそ実力至上主義の教室へ 7

  • 著者 衣笠彰梧
  • イラスト トモセ シュンサク
発売日:
2017年10月25日
商品形態:
電子書籍

新たな学園黙示録第七弾!

2学期も終了間近、Dクラスを裏で操る存在Xの特定のため、Cクラス龍園の執拗な調査が開始された。高円寺までもが疑いの対象となり、ターゲットが絞られる中、ついに龍園の魔の手は軽井沢恵に迫り……!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ようこそ実力至上主義の教室へ 7」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かった!ついに清隆の実力全開、そして龍園完敗。3学期開始と同時にCクラスになれそうだね。龍園を噛ませと侮る気持ちは全くない。高校1年でこれは清隆が規格外過ぎる。そしてこの展開じゃ軽井沢人気の高騰が 面白かった!ついに清隆の実力全開、そして龍園完敗。3学期開始と同時にCクラスになれそうだね。龍園を噛ませと侮る気持ちは全くない。高校1年でこれは清隆が規格外過ぎる。そしてこの展開じゃ軽井沢人気の高騰が止まらんだろうな。堀北は久しぶりに嫉妬らしきものを見せたけど、明らかな当て馬ポジに見える佐藤よりも恋愛面では目立ってないからなあ。初登場の父親は想像通りの下衆。政争に敗れた元政治家とかかね?龍園との決着ということで、多くのキャラが動いた印象。冬休み以降は恋愛面も強化して欲しい。清隆を揺さぶれる要素だろうしね。 …続きを読む
    S.T.
    2017年10月25日
    64人がナイス!しています
  • 龍園の魔の手が軽井沢に迫る第七弾。軽井沢の圧倒的ヒロイン力がとどまるところを知らない。今回の一件で堀北、愛里、櫛田というヒロインたちを完全に置き去りにし、軽井沢一強体制が更に盤石のものとなってきました 龍園の魔の手が軽井沢に迫る第七弾。軽井沢の圧倒的ヒロイン力がとどまるところを知らない。今回の一件で堀北、愛里、櫛田というヒロインたちを完全に置き去りにし、軽井沢一強体制が更に盤石のものとなってきました。トラウマ発動、そして精神崩壊寸前からのあの展開。アレは主人公ヒロイン共に文句無しの存在感と活躍やね。溜まりに溜まったストレスを一気に発散させる俺TUEEEに大満足です。龍園も良い引き立て役だったと思うよ。他ヒロインが距離を詰める前に勝負はついてしまうのか、気になることは他にもいっぱいあるし今後も期待です。 …続きを読む
    まりも
    2017年10月25日
    54人がナイス!しています
  • 今回は過去最高に面白かったです。遂に龍園との直接対決で全てを想定していた上で力での決着は興奮しましたし、清隆の強さと異質さがよく分かりました。また、軽井沢は本当に健気で可愛かったです。3巻までモブ同然 今回は過去最高に面白かったです。遂に龍園との直接対決で全てを想定していた上で力での決着は興奮しましたし、清隆の強さと異質さがよく分かりました。また、軽井沢は本当に健気で可愛かったです。3巻までモブ同然だったのに今ではメインヒロイン筆頭で大躍進ですね。清隆の父親も登場し、清隆の生い立ちや学校に入学した理由なども明かされました。ただ、清隆がAクラスを目指す理由が無くなったので活躍が控えめにならないか心配です。あと、ひよりとも縁が出来て私生活も充実してきてますね。それと龍園や坂柳を振り回す高円寺には笑えました。 …続きを読む
    ダイ
    2018年10月19日
    41人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品