夏色の君へ 少女アラカルト2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年03月29日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
160
ISBN:
9784046021182

夏色の君へ 少女アラカルト2

  • 著者 にいち
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年03月29日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
160
ISBN:
9784046021182

あの爽やかな感動が再び――『彼女の季節』に続く「少女アラカルト」第2弾

SNSへの漫画の投稿が話題となり、瞬く間に人気シリーズとなった「少女アラカルト」。その数々のエピソードを収録した、にいち初の作品集『彼女の季節 ―少女アラカルト―』は発売前重版を皮切りに版を重ねている。本書はその「少女アラカルトシリーズ」第2弾。数々のメディアでも取り上げられ話題になった「ひまわりと石畳」や、驚異のふぁぼ数を叩き出した「10年前の君と、10年後の君のお話。」など、Twitterやpixivに投稿されたショートストーリーに加え、描き下ろし作品となるプロローグとエピローグ「夏色の君へ」も収録。巻末には前作で好評だったイラストギャラリーも収めています。

もくじ

プロローグ
「75cm、君に溺れる」
「脳内がうるさい系女子と初めてのお泊り」
「寿司に釣られかける系彼女」
「難関クエスト『年上彼女』」
「厳しい女上司さんが家ではポンコツかわいい話」
「厳しい女上司さんが職場でもたまにポンコツになる話」
「両想いへの近道」
「君に見せたい私」
「花咲く日を待つ。」
「10年を解く日に」
「石畳とひまわり」
「パーカーおじさんと女の子」
「さいしょからはじめる」
「夜型彼氏と朝型彼女」
「冷やかしパーティライフ」
「風邪をひいて彼氏の女子力を知る話」
「四年目記念日」
「君のための、私の時間。」
「太陽に髪が透けるたび」
エピローグ「夏色の君へ」
イラストギャラリー

メディアミックス情報

NEWS

「夏色の君へ 少女アラカルト2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • とてもよかった。 絵柄がすごく好みということもあるのだけれど、非リア充の自分としては眩しすぎて読めないぜってストーリーでもあるけれど話の持って生き方がすごく良くて気持ちがいい作品。 とてもよかった。 絵柄がすごく好みということもあるのだけれど、非リア充の自分としては眩しすぎて読めないぜってストーリーでもあるけれど話の持って生き方がすごく良くて気持ちがいい作品。
    ソラ
    2018年06月17日
    12人がナイス!しています
  • ★★★★★WEBで話題の短編をまとめた短編集2作目。WEB発表分に、キャラ紹介も兼ねたプロローグとエピローグを添えた内容となっている。半分ほどはWEBで見たことがあったが、まとめて読むと断片的な話が繋 ★★★★★WEBで話題の短編をまとめた短編集2作目。WEB発表分に、キャラ紹介も兼ねたプロローグとエピローグを添えた内容となっている。半分ほどはWEBで見たことがあったが、まとめて読むと断片的な話が繋がって、また違った味わいに感じる。個人的には脳内がうるさい彼女が好きだなあ。 …続きを読む
    わたー
    2018年03月29日
    12人がナイス!しています
  • にいちさんのリア充爆発系マンガ。読んでてニマニマしてしまうので、人が居る所ではとても読めません。社会人の恋愛とか、けっこう多いんですが、それでもかわいくてたまらんのです。 にいちさんのリア充爆発系マンガ。読んでてニマニマしてしまうので、人が居る所ではとても読めません。社会人の恋愛とか、けっこう多いんですが、それでもかわいくてたまらんのです。
    イーダ
    2018年04月01日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品