試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040724492

君と綴った約束ノート

  • 著者 古河 樹
  • イラスト ふすい
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040724492

一緒に行こう。そのノートに残された、君との約束を叶えに――。

大学受験に失敗した春先、亮介は初恋の人、奈緒と再会した。やがて付き合い始める二人。ところが連絡手段は彼女から渡された1冊の古めかしいノートだけ。それは書かれた願いの叶う、不思議なノートだと知って……?

メディアミックス情報

NEWS

「君と綴った約束ノート」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 途中で展開が読めてしまって、とてもベタな作品ではあるけれど、空気感がとてもきれいだった。 途中で展開が読めてしまって、とてもベタな作品ではあるけれど、空気感がとてもきれいだった。
    佐島楓
    2017年09月24日
    46人がナイス!しています
  • 初恋の人、菜緒と恋人同士になった亮介。二人は古いノートで交換日記を始める。それは、二人が昔使っていた「書いた約束が本当になる“願いが叶うノート”」だった。ただし、そのノートが願いを叶えてくれるのは春の 初恋の人、菜緒と恋人同士になった亮介。二人は古いノートで交換日記を始める。それは、二人が昔使っていた「書いた約束が本当になる“願いが叶うノート”」だった。ただし、そのノートが願いを叶えてくれるのは春の間だけ、という条件があった。ノートによって叶えられた菜緒の願いも、春が終われば元に戻ってしまう。少しでも春の時間を長く過ごすため北へと向かった二人は、そこで新たな約束を交わす。 儚い雰囲気がとてもきれいな物語でした。 …続きを読む
    chi.
    2020年01月06日
    10人がナイス!しています
  • まさかのラストに泣きそうになりました。不思議なノートのことや、主人の最後までの道のり、ヒロインの女性の存在などの全てが合わさって出来た、感動の一冊でした。 まさかのラストに泣きそうになりました。不思議なノートのことや、主人の最後までの道のり、ヒロインの女性の存在などの全てが合わさって出来た、感動の一冊でした。
    凍矢
    2017年09月15日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品