試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年05月25日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784044003258

感じて、ゆるす仏教

  • 著者 藤田 一照
  • 著者 魚川 祐司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年05月25日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784044003258

世界で活躍する禅僧と気鋭の著述家が、新しく魅力的な仏教について語り合う

【章立て】
第一章 「感じて、ゆるす」の誕生編
第二章 「感じて、ゆるす」の方法論
第三章 「感じて、ゆるす」の人生論

もくじ

はじめに 魚川祐司

第一章 「感じて、ゆるす」の誕生編

一照さん
本章のテーマ
「感じて、ゆるす」とは何か
「考えるモード」と「感じるモード」は両立できない
なぜ「感じて、ゆるす」を強調するのか
修業に「他者感覚」が入ってくること
大学院のドロップアウトが第一の「挫折」
結婚が第二の「挫折」
十歳の時の「星空体験」
「俺が死ぬ時はだれも代わってもらえない」
「まずは自分の問題を片付けよう」と計画
「みんなが決められるのが信じられない」
「犀の角」への共感
「禅マスター」の孤独
「先生」として他者と出会う
「親密な関係」が欠けている
大義名分への疑い
「どうすんだよ、これ」
日本の僧侶は自身も「家庭の当事者」であり得る
修業のパラダイムシフト
顔つきまで変わる
とにかくお互いに向き合うしかない
修業は独りよがりになりがち
「特別な存在」が、感情の力を教えてくれた
感情を包摂するキャパシティ
修行否定ではなく、アプローチが違う
「修行」の範囲を拡張する
「自分」の絆を解体するもの
逆手に取るには努力が必要

第二章 「感じて、ゆるす」の方法論

本章のテーマ
断絶を求めて
「感じて、ゆるす」のブラッシュアップ
「ガンバリズム時代」の位置づけ
日本語で議論することの難しさ
盤珪の不生禅と白陰の公案禅
鈴木正三の仁王禅
プロセスとしてのガンバリズム
まずはヴィジョンの設定が大事
「感じて、ゆるす」の延長が悟り
話を聞いただけで「悟る」人たち
「伝統的解釈」と「非伝統的解釈」
「はずだ」論の問題
無我こそが事実だけれど
聞と思と修
「マインドフルネス」の問題
意識主導は「おとぎ話」?
期待だらけではじめるしかない
エゴを変容させる仕組み

第三章 「感じて、ゆるす」の人生論

本章のテーマ
瞑想は役に立つのか
仏教は「失敗したプロジェクト」?
はっきりした神秘
仏教の宗教性
ゴータマ・ブッダは「その先」を示す
「選択」できる環境が大切
動物化するいのち系仏教
大切なのは「無分別の分別」
無自覚な奴隷化
分別と無分別の弁証法
共通点は「感じてない」こと
虚構を共有するサピエンス
空・仮・中の三枚が必要
敢えてクリエイティブに崩すこと
無明と美
クエスチョンマークは消えない
仏教で人生はもっと面白い

おわりに 藤田一照


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「感じて、ゆるす仏教」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「感じて、ゆるす仏教」とは「悟りを開くためには何が何でもこうしなきゃ!」と頑張るのではなく、もっと自分をオープンにして、感情を豊かに深くして行きましょうと言う事らしい。著者がそう思い至ったのは結婚して 「感じて、ゆるす仏教」とは「悟りを開くためには何が何でもこうしなきゃ!」と頑張るのではなく、もっと自分をオープンにして、感情を豊かに深くして行きましょうと言う事らしい。著者がそう思い至ったのは結婚して家庭を持った事が理由の一つであるそうだが、確かに一人我が道を行く方が「他者と緊密な関係を築く」よりも簡単だ。ブッダも最終的には弟子に教える道を選択したしね。小難しい理屈はよくわからないけれど、引用された数学者、岡潔の言葉「人の悲しみがわかるのは理性、人が悲しんでいるから自分も悲しいのは宗教」が印象的。 …続きを読む
    chantal(シャンタール)
    2020年02月17日
    84人がナイス!しています
  • いまここを味わうというワードでやると、どうしてもorder&controlになって力みや窮屈さが介入する。本書で語られるsense&allowは、味わう作用に身心を委ねるモードへの移行、と言った方が実 いまここを味わうというワードでやると、どうしてもorder&controlになって力みや窮屈さが介入する。本書で語られるsense&allowは、味わう作用に身心を委ねるモードへの移行、と言った方が実感に近いかもしれない。内容的には不生禅だが盤珪と白隠の対比など、語り得ることをロジカルに明示することで、語り得ないことを個々人が読み込める。実際、率直であることの気楽さの獲得にはプロセスが相応に必要だし、とはいえ経験は提示できない。結果として修証一等をパラフレーズするしかない。多くの人に有用な書であると思う。 …続きを読む
    ねこさん
    2020年03月20日
    22人がナイス!しています
  • sens & allow 以前なら、こんなゆるいアプローチでは何も変わる気がしないというのが正直な反応。でもヨガや瞑想を実践していると意識の受動的変化に反して身体は能動的になり、気づきの精度が上が sens & allow 以前なら、こんなゆるいアプローチでは何も変わる気がしないというのが正直な反応。でもヨガや瞑想を実践していると意識の受動的変化に反して身体は能動的になり、気づきの精度が上がるのを覚える。何も特別な事じゃなく自然の流れの精妙なはたらきを許しているだけで、つまり、ゆるすとはここでは任せるというような態度だと思う。感情の止滅ではなく包摂していられる海のようになるイメージ。コップならチョット揺れたら溢れてしまうけど海なら同じ衝撃でも何ともない。包括のキャパ。また悟りをやたらと困難 …続きを読む
    islet ☮
    2019年11月06日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品