試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年06月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041056905

氷竜王と六花の姫

  • 著者 小野はるか
  • イラスト Izumi
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年06月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041056905

首をはねられるはずが、寵姫に召されて!? 宿命の革命ロマンス!

万年氷の地・オーバーラント。ツェルト族のユーリアは凍てつく領土を守るため、王都から治めに来たヴァルディール王子に打ち首覚悟で物申す。
しかし、なぜか王子のお目付け役に任命され、寵姫の噂まで立ってしまう。
それを聞きつけた対立民族がユーリアに敵意をあらわにする中、王子の暗殺未遂事件が起こって…!?

「会いに来たぞ。私の寵姫」氷竜王の化身と恐れられ、死を望まれた王子と己の命を懸けた姫。
宿命に抗う二人の革命ロマンス!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「氷竜王と六花の姫」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 北の地の新領主に直訴しにいった族長の娘。なぜか補佐官になったものの寵姫と噂されてしまい…。ヴァルディールのちょっかいに対するユーリアが可愛くてなかなか良い感じですが、まだ恋仲でもないし、いろいろ伏線が 北の地の新領主に直訴しにいった族長の娘。なぜか補佐官になったものの寵姫と噂されてしまい…。ヴァルディールのちょっかいに対するユーリアが可愛くてなかなか良い感じですが、まだ恋仲でもないし、いろいろ伏線が残ってますよね。ぜひ続きを出していただいて、すっきりしたいです。 …続きを読む
    ぐっち
    2017年06月04日
    23人がナイス!しています
  • 放蕩三昧の第二王子ヴァルディールに直訴したら、気に入られてしまった族長の娘ユーリア。真面目で正統派な話なんだけど、新鮮味に欠ける。ヴァルディールが実は出来るヤツとか、2人が子供の頃出会ってたとか、ベタ 放蕩三昧の第二王子ヴァルディールに直訴したら、気に入られてしまった族長の娘ユーリア。真面目で正統派な話なんだけど、新鮮味に欠ける。ヴァルディールが実は出来るヤツとか、2人が子供の頃出会ってたとか、ベタだなぁ…(-_-;) …続きを読む
    六花
    2018年06月12日
    10人がナイス!しています
  • 彩雲国や茉莉花官吏伝っぽいかな。主人公の成長物語というかなんというか。そして男性側ののらりくらりとしてるとことかもそれっぽい。公が首に巻いてた白狼はどうやって手懐けたのか?近侍の胡散臭さというか、彼の 彩雲国や茉莉花官吏伝っぽいかな。主人公の成長物語というかなんというか。そして男性側ののらりくらりとしてるとことかもそれっぽい。公が首に巻いてた白狼はどうやって手懐けたのか?近侍の胡散臭さというか、彼の過去に何があったのか、とか気になる点は残ったかも。 …続きを読む
    ちはや
    2018年06月19日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品