骨と墓の考古学 大都市江戸の生活と病

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044002817

骨と墓の考古学 大都市江戸の生活と病

  • 著者 谷畑 美帆
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044002817

病死? 事故死? 人柱? ──骨には人生が刻まれている

大都会のビル群の下、眠りつづける無数の骨。考古学者によって掘り起こされた「古人骨」は、かつてこの町に暮らした近世人の姿をいきいきと物語る。町人か侍か。病死か、事故死か、はたまた人柱か。銭や爪、入れ歯など副葬品の意味とは――? けがや流行り病、食事や性生活、衛生状態や老後の暮らしまで、文献に残らない歴史を、科学の力で解き明かす。人骨をみると「わくわくする」という著者が手まねきする、都市古病理学への招待。

*単行本『八百八町に骨が舞う 人骨から解く病気と社会』に加筆、改題し、文庫化したものです。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「骨と墓の考古学 大都市江戸の生活と病」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 江戸時代の古人骨について、どんな場所で、どんなふうに見つかるか実例を挙げるところから始まり、生々しい屍蠟化した遺体や脳みその話しには驚きました。梅毒やハンセン病、くる病などによる骨病変を研究することで 江戸時代の古人骨について、どんな場所で、どんなふうに見つかるか実例を挙げるところから始まり、生々しい屍蠟化した遺体や脳みその話しには驚きました。梅毒やハンセン病、くる病などによる骨病変を研究することで、その都市でどんな病気が流行っていたか、ある程度わかってくること。その結果、住民たちの暮らしぶりも類推できること。興味深いです。また、特殊な亡くなり方をした人に行われる鍋かぶり葬という存在を初めて知りました。縄文人の古人骨にも土器を被っているものがあるとか。後半の江戸とロンドンの対比も分かりやすかったです。 …続きを読む
    さつき
    2018年06月11日
    60人がナイス!しています
  • 18年角川ソフィア文庫、単行本は06年吉川弘文館。著者は明大黒曜石研究センター員で、同大文学部兼任講師、古人骨を考古学と人類学の手法で研究しているそう。とはいえ本書内容は江戸とロンドンの17〜18世紀 18年角川ソフィア文庫、単行本は06年吉川弘文館。著者は明大黒曜石研究センター員で、同大文学部兼任講師、古人骨を考古学と人類学の手法で研究しているそう。とはいえ本書内容は江戸とロンドンの17〜18世紀の人骨からの考察に限っている。この頃のものですら幼児の骨は殆ど残らないそうで(先の大戦で南冥の地で散華された方々の遺骨は、多湿故に野晒しのものは殆ど残らず、埋葬の分も風化が激しいと聞く)、学問上の限界はありそうだ。それでも増上寺改葬の際の徳川秀忠のように状態が良ければ屍蝋化して髪や爪も残存の場合もあるという。 …続きを読む
    CTC
    2019年09月03日
    8人がナイス!しています
  • 思っていたよりも話題が多岐にわたるけれども、面白かった。骨からそんなことまでわかるのか…と驚くことばかりだった。大都市と地方の対比、江戸とロンドンの対比などわかりやすかったと思う。説明不足に感じるとこ 思っていたよりも話題が多岐にわたるけれども、面白かった。骨からそんなことまでわかるのか…と驚くことばかりだった。大都市と地方の対比、江戸とロンドンの対比などわかりやすかったと思う。説明不足に感じるところもあるが、専門書じゃないからちょうどいいのかも。もし将来自分の骨が研究のために発掘されたらどんな所見を書かれるのか…そんなことを考えながら読んだ。 …続きを読む
    しょうゆ
    2020年07月31日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品