ニンジャスレイヤー(12) ~ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション~

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年06月09日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784041056547

ニンジャスレイヤー(12) ~ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション~

  • 漫画 余湖 裕輝
  • 原作 ブラッドレー・ボンド+フィリップ・N・モーゼズ
  • 脚本 田畑 由秋
  • 翻訳・漫画版監修 本兌有・杉ライカ
  • キャラクターデザイン わらいなく・余湖裕輝
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年06月09日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784041056547

ソウカイヤとの最終決戦直前!! ラオモト暗殺計画の行方は!?

ラオモト・カン暗殺計画の実行を翌日に控えたニンジャスレイヤーは、ふとした縁で隣人の女性・アガタの窮地を救う。しかしその行動をきっかけに、ニンジャスレイヤーの居所がソウカイヤに発覚し……!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ニンジャスレイヤー(12) ~ストレンジャー・ストレンジャー・ザン・フィクション~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前巻ラストで爆弾で吹き飛ばされたニンジャスレイヤー。ラスボス・ラオモトの仕掛けた罠か?と思いきや、定番ともいえる「敵組織での造反者達が主人公を餌にボスを倒し下克上を図る」展開。造反者ウォーロックは精神 前巻ラストで爆弾で吹き飛ばされたニンジャスレイヤー。ラスボス・ラオモトの仕掛けた罠か?と思いきや、定番ともいえる「敵組織での造反者達が主人公を餌にボスを倒し下克上を図る」展開。造反者ウォーロックは精神憑依系ニンジャなので本体をどうやって倒すのか?と思っていたが、ダークニンジャ=サンが今まで泳がせていただけだったのでアッサリ粛清される。知事に立候補したラオモトの公約「企業減税断行。労働者に権利があるのがそもそもおかしい。会社が潰れたら我が国はお終いだ。労働基準法は撤廃する!」とか現実を見るに笑えないネタだ。 …続きを読む
    ぷるっちょ
    2021年01月20日
    10人がナイス!しています
  • ライドオン、アイアンオトメ!! ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!赤黒い蒸気を吐き、地獄が迫る!! ライドオン、アイアンオトメ!! ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!ラオモトッ!赤黒い蒸気を吐き、地獄が迫る!!
    うさみP
    2017年06月09日
    3人がナイス!しています
  • だいぶマキに入ってる感はあるが…しかしさすが第一部最終章、一つ一つの描写が鬼気迫っておりまさにヤバイ級!バジリスク=サンとの一進一退かつアクロバティックな攻防は勿論のこと、ウォーロック=サンによる鮮や だいぶマキに入ってる感はあるが…しかしさすが第一部最終章、一つ一つの描写が鬼気迫っておりまさにヤバイ級!バジリスク=サンとの一進一退かつアクロバティックな攻防は勿論のこと、ウォーロック=サンによる鮮やかなドタンバ(以下略)は、こうして改めて見るとなかなか上手くやったもんだな〜とか無闇に感心してしまったりw アガタ=サンに向けた気紛れともとれる善意が、奇妙なインガを辿りフジキドを終幕へと導く…この辺の流れは実にドラマチック。\人間性の物語\としてのガチさも、改めて言うまでもないが本作の大きな魅力のひとつ。 …続きを読む
    ぬ(ぬ)
    2017年10月08日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品