試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年06月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041056127

僕は小説が書けない

  • 著者 中村 航
  • 著者 中田 永一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年06月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041056127

「私はきみの書く小説が読みたい」。青春小説の名手ふたりが紡ぐ合作小説!

なぜか不幸を招き寄せてしまう体質と、家族とのぎくしゃくした関係に悩む高校1年生の光太郎。先輩・七瀬の強引な勧誘で廃部寸前の文芸部に入ると、部の存続をかけて部誌に小説を書くことに。強烈なふたりのOBがたたかわす小説論、2泊3日の夏合宿、迫り来る文化祭。個性的な部のメンバーに囲まれて小説の書き方を学ぶ光太郎はやがて、自分だけの物語を探しはじめる――。ふたりの人気作家が合作した青春小説の決定版!!

登場人物

僕(高橋光太郎)

読書好きの不幸な高校1年生。中学のころ、小説を書こうとして挫折した経験がある。

七瀬先輩

文芸部2年生。編集者を志望している。髪を伸ばしている途中。

原田さん

文芸部OB。シナリオ論を学び、ゲーム制作会社に勤める。

御大

文芸部OB。小説に対する精神論は立派だが、まだ作品を完成させたことはない。

おすすめコメント

この繊細さ! 純朴さ!
文系男子の純情を描いたらピカイチな、中村・中田コンビのピュアピュアっぷりをとくとご覧あれ。
――(三省堂書店ルクア大阪店 中澤めぐみさん)

書くことはなにか、ということを二人の作家はこんなにも素晴らしい青春小説にしてしまった。ずるいぞ!と思う反面、この一冊は文句なしに「楽しい」! それだけは絶対なのだ。
――(オリオン書房所沢店 高橋美里さん)

主人公のあまりの青春こじらせっぷりに、恥ずかしくて何度もページを閉じそうになりました。
だけどいいなぁ、きらきらした青春。
――(ときわ書房IY船橋店 小峰麻衣子さん)

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『僕は小説が書けない』あらすじ動画

「僕は小説が書けない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 高校文芸部の青春小説、小説の指南書みたいで前半あまり入り込めなかった、不幸を招いてしまう男光太郎は廃部の危機にある文芸部にスカウトされてしまう、学校にも家庭にも居場所がなかった光太郎は合宿、文芸誌作り 高校文芸部の青春小説、小説の指南書みたいで前半あまり入り込めなかった、不幸を招いてしまう男光太郎は廃部の危機にある文芸部にスカウトされてしまう、学校にも家庭にも居場所がなかった光太郎は合宿、文芸誌作り、文化祭と文芸部の活動を通じ居場所を見つける。 …続きを読む
    みかん🍊
    2017年11月30日
    88人がナイス!しています
  • 原稿用紙5~10枚ずつ交代で書いたらしいが、違和感ゼロ。とある事情を抱えた主人公が高校に入学し美人の先輩に誘われ文芸部へ。色々あって彼が小説を書く話。と、典型的なボーイミーツガール青春部活モノ。ただし 原稿用紙5~10枚ずつ交代で書いたらしいが、違和感ゼロ。とある事情を抱えた主人公が高校に入学し美人の先輩に誘われ文芸部へ。色々あって彼が小説を書く話。と、典型的なボーイミーツガール青春部活モノ。ただし舞台は地味ーな文芸部。少年の成長という縦糸に、小説を書くとは?感性or理論?という横糸が絡み、読書家には興味深い話も多いかも。あえて王道プロットで書いた様に見受けられる本作で思ったのは、やっぱりベタ展開は最強!って事。へっ、若い若い。かゆくなっちまうぜ!とか思ってたのに、最後まんまとじーんとさせられて悔しい! …続きを読む
    あも
    2018年01月18日
    82人がナイス!しています
  • 2018年227冊め。ソフトを使っての合作という前情報を持って読んだが違和感はない。家族の秘密を知ることになり家の中に居場所を感じられない少年が、いやいやながら入部した文芸部で個性豊かな面々と交流しつ 2018年227冊め。ソフトを使っての合作という前情報を持って読んだが違和感はない。家族の秘密を知ることになり家の中に居場所を感じられない少年が、いやいやながら入部した文芸部で個性豊かな面々と交流しつつ成長していく。作中の二人の先輩が説く創作のお作法がおもしろかった。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2018年06月28日
    79人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

全てが詰まった作品。恋愛、友情、親子、希望と挫折、理想と現実、小説としての醍醐味が凝縮されていると感じる。読みやすいストーリーながらも所々考えさせられる素敵な作品だと思う。自らも小説を書きたいと思うすべての人々にとって必読の書である。――MJshintaro

とても面白かったです。小説の書き方がわかると紹介されていたので、もっと難しい内容なのかと思っていたけれど、そんなことはなく学生の私にも読みやすい内容でした。主人公の特徴が普通の小説とちがい周りの人に比べて秀でたものがない、というところにも共感できて話に入りやすかったです。――ピアノ

自分も本が好きで、小説を書いてみたいと思った時があったことを思い出しました。人の痛みを知り成長するということを、学べる本だと思いました。作品の中に登場した、光太郎の作品も、『風域 vol.1』も、『もどかしすぎるよ!〜じれったい私の二人の先輩〜』も読みたいと思いました。――JAL

著者紹介

中村 航/中田 永一

中村 航(なかむら こう)―1969年岐阜県生まれ。2002年「リレキショ」で文藝賞を受賞し、デビュー。他の著書に『あのとき始まったことのすべて』『トリガール!』『デビクロくんの恋と魔法』など多数。
中田 永一(なかた えいいち)―1978年福岡県生まれ。2008年『百瀬、こっちを向いて。』でデビュー。他の著書に『吉祥寺の朝日奈くん』『くちびるに歌を』がある。別名義での作品も多数。

この著者の商品

最近チェックした商品