日露外交 北方領土とインテリジェンス

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年05月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
280
ISBN:
9784040821443

日露外交 北方領土とインテリジェンス

  • 著者 佐藤 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年05月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
280
ISBN:
9784040821443

舞台は四島日本化に移った!! クレムリンを攻略する、対露政策の決定版!

領土問題解決の道筋は見えた。
現役外交官時代、ソ連崩壊期に匿名で緊急出版した幻の論稿を初掲載!

戦後70年を過ぎたが、北方領土交渉は実際には進捗したのか、後退したのか?
ソ連時代からあの国と交渉をし、いまも分析を続ける著者が交渉の実態を解説する。

本書には現役外交官時代、ソ連崩壊期に上司に黙って匿名で著した『ソ連の「ほんとうのホント」』を初掲載!!!
外交分析に必要な内在論理は、冷戦期も今も変わっていないのだ。
外交という“戦争”の肝を抑える、インテリジェンスの指南書。

<目次>
まえがき
第1部 極東新時代
第2部 毒蛇と毒サソリ
第3部 外交という戦争
第4部 北方領土

特別掲載 ソ連の「ほんとうのホント」
 プロローグ いま、「純粋民族衝動」がソ連を襲っている
 第一章   なぜ、バルトは泥沼に陥ったのか
 第二章   先祖返りする諸民族
 エピローグ 難局をどう乗り越える、ゴルバチョフ


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「日露外交 北方領土とインテリジェンス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 主に日露双方の新聞やニュースといったオープンソースの情報を元に、両国間の外交政策が分析されている。佐藤優氏は数々の著作でオープンソースインテリジェンス(公開された情報源を通じた分析)だけでも、相当の情 主に日露双方の新聞やニュースといったオープンソースの情報を元に、両国間の外交政策が分析されている。佐藤優氏は数々の著作でオープンソースインテリジェンス(公開された情報源を通じた分析)だけでも、相当の情報が得られると述べているが、本書では正にその有用性を実証している。公開情報を分析する際は、記述や発言の細部にこそ重要なシグナルが示唆されている事がわかった。冷戦後の世界情勢を読み解く上では、宗教に加えて「民族主義」の理解がキーポイントとなる。 …続きを読む
    Kent Kaseda
    2017年07月20日
    6人がナイス!しています
  • 巻末にある作品はロシア情勢を俯瞰できる手掛かりに。 2〜30年経ても、民族の内在的論理は大きな変化がないのか。 中国を牽制するためにもロシアとの協力は不可欠だ。 巻末にある作品はロシア情勢を俯瞰できる手掛かりに。 2〜30年経ても、民族の内在的論理は大きな変化がないのか。 中国を牽制するためにもロシアとの協力は不可欠だ。
    Happy Like a Honeybee
    2017年07月25日
    5人がナイス!しています
  • ぶつ切り記事~~ ほぼほぼ流し読み~ ぶつ切り記事~~ ほぼほぼ流し読み~
    元よしだ
    2018年08月16日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品