試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年06月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041055243

多摩川のミーコ

  • 著者 なりゆき わかこ
  • イラスト 深谷 かほる
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年06月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041055243

おまえは、いらないねこなんかじゃない。大事な大事な、ねこなんだよ。

星も見えない真っ暗な夜。子ねこのぼくは、人間に捨てられた。ごうごうと低くうなる、恐ろしい音がする闇の中、温かく抱き上げてくれたのは、ほこりと汗の匂いのする一人の男性だった……。

多摩川の河川敷で、ホームレスの”おっちゃん”に拾われた捨て猫のミーコは、同じくおっちゃんに拾われた白ねこのたまさんと、一人と二匹で暮らし始める。厳しくも温かい日々の中、良い人間も、悪い人間もいることを学び、少しずつ人との絆を深めていくミーコ。成長するにつれ、おっちゃんやたまさん、自分の家族を守ろうと考え始めるようになる。しかしその矢先、大型台風が河川敷を襲って……。「おっちゃんの大事なねこ」になるために、ミーコが選んだ決断とは……?

2007年に関東を襲った大型台風「台風9号」。その裏で起きた、温かくも悲しい感動の実話。

もくじ

その一 春
その二 青葉のころ
その三 夏
その四 秋
その五 台風
その六 台風のあと
その七 冬
その八 ふたたびの春
あとがき 寄り添いあう世界


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「多摩川のミーコ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「誰かに安心を与えるということは必死じゃないと出来ないことなの」というたまさんの言葉がとても胸に響きました。 「誰かに安心を与えるということは必死じゃないと出来ないことなの」というたまさんの言葉がとても胸に響きました。
    sakai
    2018年12月02日
    30人がナイス!しています
  • 初読み作家さん。子猫のミーコ(♂)が捨てられ、河川敷に住むおっちゃんに拾われ、先住猫のたまさんと暮らしていく中で大型台風がきて…出会いと別れを描く実話です。最初から涙、涙でティッシュが手放せなかった。 初読み作家さん。子猫のミーコ(♂)が捨てられ、河川敷に住むおっちゃんに拾われ、先住猫のたまさんと暮らしていく中で大型台風がきて…出会いと別れを描く実話です。最初から涙、涙でティッシュが手放せなかった。最後はハピエン‼良かった‼猫を虐待したり、簡単に捨てる奴が許せない。 …続きを読む
    みろんじゅ
    2017年07月22日
    27人がナイス!しています
  • 泣けた。動物の話は涙なしに読めない。( ;∀;) 泣けた。動物の話は涙なしに読めない。( ;∀;)
    SUN
    2018年09月26日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品