失敗の法則 日本人はなぜ同じ間違いを繰り返すのか

失敗の法則 日本人はなぜ同じ間違いを繰り返すのか 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年07月14日
商品形態:
電子書籍

失敗の法則 日本人はなぜ同じ間違いを繰り返すのか

  • 著者 池田 信夫
発売日:
2017年07月14日
商品形態:
電子書籍

東芝事件から豊洲移転問題まで……これが名著『失敗の本質』の現代版だ!

東芝事件、豊洲移転問題、原発再稼動をめぐる混乱まで……その背後に存在したのは、日本人が間違うときに必ず通る「8つの失敗の法則」だった。山本七平からゲーム理論までを引用しながら展開される究極の日本人論。

メディアミックス情報

NEWS

「失敗の法則 日本人はなぜ同じ間違いを繰り返すのか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この筆者のHPのかなり昔からの読者で、そこで論じられていたことをまとめたものであると思いました。東芝問題、電通、東電などなど結構マスコミの論調とは一味異なった面での分析をしてくれています。ただその時々 この筆者のHPのかなり昔からの読者で、そこで論じられていたことをまとめたものであると思いました。東芝問題、電通、東電などなど結構マスコミの論調とは一味異なった面での分析をしてくれています。ただその時々によって言っていることが若干変わってきたりするところが残念です。 …続きを読む
    KAZOO
    2017年08月03日
    108人がナイス!しています
  • とてもわかりやすい。アゴラの連載記事らしい。初めて行政の授業が役立った。サンクコスト(埋没費用)の例えもわかりやすいが、やっぱりもったいないからレストランで食べ残せないなぁ。 とてもわかりやすい。アゴラの連載記事らしい。初めて行政の授業が役立った。サンクコスト(埋没費用)の例えもわかりやすいが、やっぱりもったいないからレストランで食べ残せないなぁ。
    ヒデミン@もも
    2017年08月16日
    45人がナイス!しています
  • 実にくだらない。丸山真男以来の戦後言論人にありがちな、日本を叩いてアメリカを持ち上げるだけの本。▼例えば、「雇用の流動性を高めれば良い」というのは、収穫逓増の側面を無視していることや、切り捨てという状 実にくだらない。丸山真男以来の戦後言論人にありがちな、日本を叩いてアメリカを持ち上げるだけの本。▼例えば、「雇用の流動性を高めれば良い」というのは、収穫逓増の側面を無視していることや、切り捨てという状態が人々に不安をもたらし反動が起きることは、『大転換』(ポラニー)に示された通りである。他、『株主が弱い』からというのは、悪いことではなく、ステークホルダーや投資に回すことに予算を割けるという利点がある。また、日本を破壊した竹中平蔵を絶賛しているのも到底賛同できない。 …続きを読む
    Tatsuya9
    2020年06月30日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品