マルクスを再読する 主要著作の現代的意義

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041053683

マルクスを再読する 主要著作の現代的意義

  • 著者 的場 昭弘
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041053683

「<帝国>以後の時代」を考えるには、マルクスを再読する必要がある。

資本主義国家が外部から収奪できなくなったとき、いったい資本主義はどうなるのか? 
この問題意識から、日本を代表するマルクス研究者が主要著作を読み解いた講義録。

「グローバリゼーションが社会を上位均衡化させる」は、幻想だった。
実際に起こったのは中産階級の崩壊であり、下位均衡化(下の方で貧しくなる事)でしかなかった。
「<帝国>以後の時代」を考えるには、資本主義後の世界を考えたマルクスを再読する必要がある。

ネグリの帝国論とその課題から入り、アルチュセールからスピノザの思想を押さえたうえで、マルクスの主要著作を、「代議制民主主義が世界に普及している現在において、あえて近代市民社会を批判する」という視点から解題していく。
この挑戦、刺激的な読み解きは、資本主義が支配する世界以外を考えられない私たちの頭を解き放つ。
そして、まるで“中世かポスト現代か”というような、ナショナリズムや民族主義、原理主義が氾濫する現代社会を切り拓き、新しい世界を展望するきっかけとなるだろう。

文庫版まえがき

第一部 現代思想と<マルクス>
 一章 アントニオ・ネグリの「帝国」の概念
 二章 アルチュセール・ショック
 三章 スピノザ革命

第二部 <マルクス>の著作を再読する
 四章 現代社会とマルクス
 五章 共産主義社会とは何か--『経済学・哲学草稿』の類的本質
 六章 唯物論とは何か--フォイエルバッハテーゼの一一番
 七章 たえざる運動としての共産主義--『ドイツ・イデオロギー』
 八章 構成された価値と労働運動--『哲学の貧困』
 九章 共産主義の亡霊と『共産党宣言』
 一〇章 国家の解体--フランス三部作
 一一章 オリエンタリズム
 一二章 方法の問題--『資本論』と『経済学批判要綱』
 一三章 社会運動とマルクス

あとがき
文庫版あとがき
解説 佐藤優

もくじ

文庫版まえがき

第一部 現代思想と<マルクス>
 一章 アントニオ・ネグリの「帝国」の概念
 二章 アルチュセール・ショック
 三章 スピノザ革命

第二部 <マルクス>の著作を再読する
 四章 現代社会とマルクス
 五章 共産主義社会とは何か--『経済学・哲学草稿』の類的本質
 六章 唯物論とは何か--フォイエルバッハテーゼの一一番
 七章 たえざる運動としての共産主義--『ドイツ・イデオロギー』
 八章 構成された価値と労働運動--『哲学の貧困』
 九章 共産主義の亡霊と『共産党宣言』
 一〇章 国家の解体--フランス三部作
 一一章 オリエンタリズム
 一二章 方法の問題--『資本論』と『経済学批判要綱』
 一三章 社会運動とマルクス

あとがき
文庫版あとがき
解説 佐藤優
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「マルクスを再読する 主要著作の現代的意義」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ネグリ・ハートの『帝国』を受けての講義録。マルクスの思想を再確認できた。スピノザ読むか。 ネグリ・ハートの『帝国』を受けての講義録。マルクスの思想を再確認できた。スピノザ読むか。
    Ex libris 毒餃子
    2019年09月07日
    6人がナイス!しています
  • 『マルクスを再読する』 ⭐⭐⭐ マルクスほとんど読んだことないのに『再読する』に挑戦してみましたが……案の定敗北しました。 難しい。 でも、マルクス=ソ連や中国の共産主義ではない、と知れただけで 『マルクスを再読する』 ⭐⭐⭐ マルクスほとんど読んだことないのに『再読する』に挑戦してみましたが……案の定敗北しました。 難しい。 でも、マルクス=ソ連や中国の共産主義ではない、と知れただけでも収穫でした。 他のマルクス本も読んでみよーっと。 …続きを読む
    このこねこ@年間500冊の乱読家
    2020年04月28日
    3人がナイス!しています
  • ネグリ=ハートの〈帝国〉論やアルチュセール・ショック(後期マルクスにおける弁証法の放棄とスピノザへの回帰)を踏まえ、マルクスの著作を再読し、その現代的意義を問う。繰り返し語られる、独立した諸個人をベー ネグリ=ハートの〈帝国〉論やアルチュセール・ショック(後期マルクスにおける弁証法の放棄とスピノザへの回帰)を踏まえ、マルクスの著作を再読し、その現代的意義を問う。繰り返し語られる、独立した諸個人をベースとした市民社会の虚構性と限界についてはもう少し実感レベルで咀嚼したいところ。 …続きを読む
    U2
    2021年03月14日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品