火あぶりにされたサンタクロース

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年11月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
124
ISBN:
9784044002206

火あぶりにされたサンタクロース

  • 著者 クロード・レヴィ=ストロース
  • 訳・解説 中沢 新一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年11月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
124
ISBN:
9784044002206

クリスマスにはなぜ贈り物をするの? 20世紀最大の人類学者がときあかす

戦後フランスで巻き起こったサンタクロース論争を起点に、現代社会における大人と子ども、死者と生者、そして人類にとっての贈与の意味に切り込んでいく。日仏の人類学者が競演するクリスマス論の名著、新装版。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「火あぶりにされたサンタクロース」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • クリスマスを社会集団の周辺に位置する子供との接触により、幽霊が帰ってくるという民俗学的な文脈でとらえ直します。反復が資本主義と親和性が高く、アメリカで発展したものがフランスに持ち込まれて、フランス人の クリスマスを社会集団の周辺に位置する子供との接触により、幽霊が帰ってくるという民俗学的な文脈でとらえ直します。反復が資本主義と親和性が高く、アメリカで発展したものがフランスに持ち込まれて、フランス人のアンビバレントな心情を喚起させます。キリスト教の正統から火あぶりにされたのは、異教的でアメリカ的なサンタクロースです。ここまでが前半にあるレヴィ=ストロースの論文で、後半は訳者である中沢の解説です。レヴィ=ストロースの文章よりも論旨が整理されていますが、贈与を前面に押し出して、元の論旨と異なっているような印象 …続きを読む
    ころこ
    2018年12月11日
    31人がナイス!しています
  • 薄いながらも、読み応えがある作品。 死者と生者の交通というのが良く分からないけれど、死者を迎え入れるということは、敬うことに繋がると思う。何気なくクリスマスにプレゼント交換をするが、なぜプレゼントをす 薄いながらも、読み応えがある作品。 死者と生者の交通というのが良く分からないけれど、死者を迎え入れるということは、敬うことに繋がると思う。何気なくクリスマスにプレゼント交換をするが、なぜプレゼントをするようになったのかが少しだけ理解できた。解説読んでも良く分からないところが出てきたので、再読したい。 …続きを読む
    ココロココ
    2017年12月01日
    20人がナイス!しています
  • レヴィ=ストロースの論文と訳者の分かりやすい解説の二本立て。ローマ時代のサトゥルヌス祭りのように、太陽の力が衰える冬の時期には、死者が生者の住む世界に侵入してくると考えられていた。そのため子供や若者の レヴィ=ストロースの論文と訳者の分かりやすい解説の二本立て。ローマ時代のサトゥルヌス祭りのように、太陽の力が衰える冬の時期には、死者が生者の住む世界に侵入してくると考えられていた。そのため子供や若者のようなまだ成人していない者たちを死者の祭祀のようにまつりあげ、その横暴な振る舞いを許したり贈り物をささげたりした。それにクリスマスがうまいこと乗っかり、アメリカいつしかの商業主義的なカラーに塗り替えられてしまったのだという。だが贈与が生み出す交流のダイナミズムは無くせず、子供達への贈り物という形で残ったのだ。 …続きを読む
    鳩羽
    2017年02月01日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品