富士見L文庫

浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。

浅草の街に生きるあやかしのため、「最強の鬼嫁」が駆け回る――!

  • 著者 友麻碧
  • イラスト あやとき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年11月15日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784040721057
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

kakuyomu 作品特設サイト

富士見L文庫

浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。

浅草の街に生きるあやかしのため、「最強の鬼嫁」が駆け回る――!

  • 著者 友麻碧
  • イラスト あやとき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年11月15日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784040721057

浅草の街に生きるあやかしのため、「最強の鬼嫁」が駆け回る――!

浅草に住み、浅草グルメをこよなく愛する女子高生、茨木真紀。
人間のくせに日々あやかし関連の厄介ごとに首を突っ込んでは腕力で解決する彼女には、秘密があった。
それは、真紀が前世の記憶を持っていること。
そして、その前世は人間ではなく、平安時代にその名を轟かせた鬼の姫――"茨木童子"だということ。
前世で「夫」だった"酒呑童子"の生まれ変わりである同級生・天酒馨を引き連れ、ブラックバイトに苦しむ手鞠河童や老舗そば屋を営む豆狸の一家など、悩めるあやかしたちのために「最強の鬼嫁」は今日も浅草の街を駆け回る!

登場人物

茨木 真紀(いばらき まき)

現代の浅草に暮らす女子高生で、鬼の姫「茨木童子」だった前世の記憶と力を持つ。人間に退治された前世の経験から、今世こそ幸せになるため、あやかしトラブルに首を突っ込む日々を送る。美味しいものに目がない。

天酒 馨(あまさけ かおる)

真紀の幼馴染みで、同級生の男子高校生。前世で茨木童子の「夫」だった「酒呑童子」の記憶と力を持つ。人間に転生した今世では、あやかしとは関わるべきではないと思いつつ、暴走がちな真紀に振り回されっぱなし。

継見 由理彦(つぐみ ゆりひこ)

真紀たちの同級生で、同じく前世にあやかしだった記憶を持つ男子高校生。浅草の老舗旅館「つぐみ館」の息子で、頼ってくるあやかしを空いた客室でこっそり匿っていたりする。若葉という妹がいる。

水連(すいれん)

かつて茨木童子の四眷属の一柱であった、水蛇(みずち)のあやかし。現代の浅草で“千夜漢方薬局”という胡散臭い薬屋を営む。愛称はスイ。

深影(みかげ)

かつて茨木童子の四眷属の一柱であった、八咫烏(やたがらす)のあやかし。茨木童子が討たれてから、永い時の中で行方をくらませていたが……? 愛称はミカ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

★コミカライズ情報 第一弾

ビーズログCHEEKにて『浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。』コミカライズが好評連載中!

★コミカライズ情報 第二弾

コンプエースでは『浅草鬼嫁日記 天酒馨は前世の嫁と平穏に暮らしたい。』が好評連載中!
馨目線で語られる、もう一つの『浅草鬼嫁日記』が推参!

「浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 浅草に住み、浅草グルメをこよなく愛する女子高生の茨木真紀は、人間のくせに日々あやかし関連の厄介ごとに首を突っ込み、前世で「夫」だった\酒呑童子\の生まれ変わりである同級生・天酒馨を振り回して悩めるあや 浅草に住み、浅草グルメをこよなく愛する女子高生の茨木真紀は、人間のくせに日々あやかし関連の厄介ごとに首を突っ込み、前世で「夫」だった\酒呑童子\の生まれ変わりである同級生・天酒馨を振り回して悩めるあやかしたちのため奔走ラブコメディ。現世では夫婦でも、ましてや恋人でもない二人の掛け合いが面白い。もう夫婦漫才です。茨木童子の残りの2眷属が気になります。真紀のせいでいつもトラブルに巻き込まれならも、なんだかんだと真紀も見守り、奔走する馨は優しいな。今世こそ幸せになれると良いね。 …続きを読む
    皐月
    2016年11月16日
    126人がナイス!しています
  • 平安時代最強の鬼、酒呑童子と茨木童子。夫婦の契りを結んだ二人の鬼が、大妖怪時代の規格外の霊力を持った人間として現代に蘇り、色気より食い気の残念美人女子高生・茨木真紀と、クールだが真紀一筋のイケメン男子 平安時代最強の鬼、酒呑童子と茨木童子。夫婦の契りを結んだ二人の鬼が、大妖怪時代の規格外の霊力を持った人間として現代に蘇り、色気より食い気の残念美人女子高生・茨木真紀と、クールだが真紀一筋のイケメン男子高校生・天酒馨として高校生活と浅草グルメを満喫する現代あやかし物語。『かくりよの宿飯』の大旦那様や葵の親戚の茜も登場し、あやかしの世界の隠世には行かず、人間との共存を選んだ現世のあやかし達の姿が色濃く描かれている。鬼の元に嫁いだ葵、千年を越える愛を胸に灯し続ける元鬼の真紀、二人の鬼の花嫁の物語が非常に愛おしい …続きを読む
    スズ
    2018年10月21日
    104人がナイス!しています
  • かくりよと地続きの現代日本で、高校二年生にして既に結婚千年目ちょっと訳ありカップル。何のかんのと甘やかし放題の旦那様と、無意識鬼嫁である葵と違って、こちらの鬼嫁は正々堂々鬼嫁をしています。可愛いなあと かくりよと地続きの現代日本で、高校二年生にして既に結婚千年目ちょっと訳ありカップル。何のかんのと甘やかし放題の旦那様と、無意識鬼嫁である葵と違って、こちらの鬼嫁は正々堂々鬼嫁をしています。可愛いなあと思いながら読みました。脇を固めるキャラクターも個性豊かで芯がしっかりしていて小気味よい。途中出てきた陰陽局の茜さんは名前からして葵さんと対の存在ですよね。葵さんの命の為に指し出された何かと関係があるような気がして、うわー気になる。うさぎが目印のキビ団子、焼き芋羊羹。おいしそうなものが沢山で、久々に行きたい浅草 …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2017年03月26日
    98人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品