試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年11月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784046316615

戦国の姫城主 井伊直虎

  • 作 越水 利江子
  • 絵 椎名 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年11月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784046316615

わたしが男になって、みんなを守る! 大河ドラマで話題の物語が登場!

戦国時代。井伊家のたったひとりの姫として生まれたまどか。
馬や弓が得意なおてんばな少女だったが、
許嫁の亀之丞にほのかな思いを抱いていた。
ところが亀之丞の父が、井伊家の主・今川義元にそむいた罪で、
婚約は破談になってしまう。
その後、たくさんの戦いが起こり、
井伊家をつぐ最後のひとりとなってしまったまどかは、
名を井伊直虎とあらため、男として生きることに!?
大河ドラマで話題の井伊直虎の物語!

すべての漢字にふりがながふってあります。
小学校高学年から

もくじ

プロローグ まどかなる姫君
一、亀之丞
二、運命
三、青葉の笛
四、堅香子の花
五、悲報
六、ふたたびの惨劇
七、女城主、直虎
八、徳川家康
九、紅にじむ
十、瀬名姫
エピローグ 井伊直政

メディアミックス情報

NEWS

「戦国の姫城主 井伊直虎」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 児童書レーベルなので軽く読んでしまうつもりだったが、中身はコンパクトながらも堂々たる歴史小説に仕上がっていた。女性の人生が道具として扱われる時代に、翻弄されながらも自身の生き方を貫き、守るべきものを守 児童書レーベルなので軽く読んでしまうつもりだったが、中身はコンパクトながらも堂々たる歴史小説に仕上がっていた。女性の人生が道具として扱われる時代に、翻弄されながらも自身の生き方を貫き、守るべきものを守ろうとする姿勢には感服する。特にまどか(井伊直虎)の心理や行動はよく描けており、児童書特有のスピード感もあって一気に読めた。展開が早いのでよりドラマティックな印象が残る。というわけで予想以上の読み応えがあって、とても面白かった。あとがきから伝わる、著者の誠実さにも大変好感を感じる。 …続きを読む
    海猫
    2020年03月10日
    59人がナイス!しています
  • 歴史小説を読み慣れていないので、何冊か挫折した後、平積みから最新刊を選びました。小学校高学年から、とはいえ(一石とは大人ひとりが一年間に食べるお米の量)などの説明が私には嬉しいです。直虎は史料が少なく 歴史小説を読み慣れていないので、何冊か挫折した後、平積みから最新刊を選びました。小学校高学年から、とはいえ(一石とは大人ひとりが一年間に食べるお米の量)などの説明が私には嬉しいです。直虎は史料が少なく、作家の自由度が大きい。3つの方針があとがきに記されていて、信頼できる作家さんだと思いました。NHK大河が待ちどおしいです。 …続きを読む
    ひー
    2017年01月09日
    10人がナイス!しています
  • 《私-図書館》まどかちゃんが、直虎になるまで。戦国時代でなかったら、あんな大国に囲まれてなかったら、あんな激動な生涯にならなかったろうなあ。 《私-図書館》まどかちゃんが、直虎になるまで。戦国時代でなかったら、あんな大国に囲まれてなかったら、あんな激動な生涯にならなかったろうなあ。
    コロナウィルスに怯える雨巫女。
    2019年02月27日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品