試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年06月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784044001643

音楽入門

  • 著者 伊福部 昭
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年06月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784044001643

本能を震わす、メロディの秘密。ゴジラ音楽の原点を明かす!

真の美しさを発見するためには、
教養と呼ばれるものを否定する位の心がまえが必要です――。
土俗的なアイヌ音楽に影響を受け、
日本に根ざす作品世界を独学で追求した作曲家、伊福部昭。
語りかけるように綴られた音楽芸術への招待は、
聴覚は最も原始的な感覚であり、本能を揺さぶるリズムにこそ
本質があるとする独自の音楽観に貫かれている。
「ゴジラ」など映画音楽の創作の裏側を語った貴重なインタビューも収録。
解説:鷺巣詩郎


 [目次]



はしがき
第一章 音楽はどのようにして生まれたか
第二章 音楽と連想
第三章 音楽の素材と表現
第四章 音楽は音楽以外の何ものも表現しない
第五章 音楽における条件反射
第六章 純粋音楽と効用音楽
第七章 音楽における形式
第八章 音楽観の歴史
第九章 現代音楽における諸潮流
第十章 現代生活と音楽
第十一章 音楽における民族性
あとがき

 一九八五年改訂版(現代文化振興会)の叙
 二〇〇三年新装版(全音楽譜出版)の跋

 インタビュー(一九七五年)

 解説 鷺巣詩郎

もくじ



はしがき
第一章 音楽はどのようにして生まれたか
第二章 音楽と連想
第三章 音楽の素材と表現
第四章 音楽は音楽以外の何ものも表現しない
第五章 音楽における条件反射
第六章 純粋音楽と効用音楽
第七章 音楽における形式
第八章 音楽観の歴史
第九章 現代音楽における諸潮流
第十章 現代生活と音楽
第十一章 音楽における民族性
あとがき

 一九八五年改訂版(現代文化振興会)の叙
 二〇〇三年新装版(全音楽譜出版)の跋

 インタビュー(一九七五年)

 解説 鷺巣詩郎

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「音楽入門」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本書のメッセージの核は掲げられたゲーテの言葉「真の教養とは、再び取り戻された純真さに他ならない」に尽きる。その内容が岡本太郎「今日の芸術」と似ていることに軽く驚き、同時代人のパンクな異端の地位を共有し 本書のメッセージの核は掲げられたゲーテの言葉「真の教養とは、再び取り戻された純真さに他ならない」に尽きる。その内容が岡本太郎「今日の芸術」と似ていることに軽く驚き、同時代人のパンクな異端の地位を共有しているのだと勝手に納得した。芸術とは自分の感覚で創作され、味わうべきものであり、お仕着せの解説で結構とされたものを疑えという姿勢だ。本書は、音楽を音楽以外のものから語り、専門用語を噛み砕き、面白さを伝えてくれる。中でも「第8章音楽観の歴史 古代~19世紀」での博識を披露しながら展開される論説が愉しかった。↓ …続きを読む
    らぱん
    2019年08月03日
    45人がナイス!しています
  • 自分にとって音楽は聴くものであり、学問の対象にはなりえないことが、本書を読んでよく分かりました。今後はこれに徹することにしましょう。ところで、本書でなるほどと思ったのは、次のような内容した。現代では音 自分にとって音楽は聴くものであり、学問の対象にはなりえないことが、本書を読んでよく分かりました。今後はこれに徹することにしましょう。ところで、本書でなるほどと思ったのは、次のような内容した。現代では音楽が巷に溢れているため、聞きたくない音楽に対しては、意識的に耳に蓋をせざるを得なくなっている。そのため、反対に音楽を聴く場合は、音楽美以外の理由を積極的に探さなくてはならなくなっている。常にイヤフォンで音楽を聴いている諸君、諸君は何のために音楽を聴いてるのかね? …続きを読む
    ケニオミ
    2016年08月09日
    20人がナイス!しています
  • 音楽を演奏したい、作りたいと思った人にまず読んでほしい。そんな風に思わせる、正に入門の書。エピグラフにおかれたゲーテの言葉、「真の教養とは、再び取り戻された純真さに他ならない」は本書の精神を明確に表し 音楽を演奏したい、作りたいと思った人にまず読んでほしい。そんな風に思わせる、正に入門の書。エピグラフにおかれたゲーテの言葉、「真の教養とは、再び取り戻された純真さに他ならない」は本書の精神を明確に表している。すなわち、純粋さは体験と志向を積み重ねることによってしか得られないということ。精神論が空疎に響かないのは、理論と歴史を整然と提示した上での主張だからだ。「音楽以外のものの助けによって、その音楽を意味あらしめようとするような作品を軽蔑しなければなりません」という言葉ががっつり胸に響くぜ。 …続きを読む
    しゅん
    2018年03月09日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品