神社と政治

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
424
ISBN:
9784040820958

神社と政治

  • 著者 小林 正弥
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
424
ISBN:
9784040820958

「日本会議」を支える神社本庁、神道政治連盟……なぜ改憲を訴えるのか

神社本庁は宗教法人ながら、日本会議などとも深くかかわり、憲法改正を訴えている。なぜか。神社は、自然への畏怖や祖先への感謝を祈る場所ではないのか? 政治学者が神道関係者との対話を通じ、その宗教性に迫る。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「神社と政治」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • コミュニタリアニズムは学ぶべき事多い考え方だと感じている者ですが、この本はコミュニタリアニズムの危うさが見える本じゃないかと感じました。/神道の現在の主張やコミュニタリアニズムから見た可能性を論ずる前 コミュニタリアニズムは学ぶべき事多い考え方だと感じている者ですが、この本はコミュニタリアニズムの危うさが見える本じゃないかと感じました。/神道の現在の主張やコミュニタリアニズムから見た可能性を論ずる前に、公 公共 私の全てが破産したかつての歴史に対して神道が自らの責任をどう総括しているのかをインタビューしてもらいたかった。それ抜きに神道の可能性とか語れるのでしょうか。 …続きを読む
    樋口佳之
    2017年03月16日
    12人がナイス!しています
  • 気軽に参拝できる神道は公共性を発揮しやすい宗教であるという指摘はなるほどと思いました。左派は神道を「権力の宗教」とみなすあまり、反原発といった協力できるシーンで協力できず、ますます神道を「権力の宗教」 気軽に参拝できる神道は公共性を発揮しやすい宗教であるという指摘はなるほどと思いました。左派は神道を「権力の宗教」とみなすあまり、反原発といった協力できるシーンで協力できず、ますます神道を「権力の宗教」に押し込んでしまったように思います。民進党と日本共産党の選挙協力が進んでいますが、神道界とのパイプ作りも進められるべきでしょう。神社本庁はなぜ日本会議に協力するのか、現場の神道関係者はなにを考えているのかについてはジャーナリズムの視点からの検証が進むことを期待したいです。 …続きを読む
    Piichan
    2017年01月06日
    8人がナイス!しています
  • 著者は政治哲学・政治思想史を専門とする千葉大教授である。コミュニタリアニズムの研究者として、公共性を持った宗教と政治の関係について考察する、宗教と政治を扱った新書の中では異色のスタイルであろう。宗教が 著者は政治哲学・政治思想史を専門とする千葉大教授である。コミュニタリアニズムの研究者として、公共性を持った宗教と政治の関係について考察する、宗教と政治を扱った新書の中では異色のスタイルであろう。宗教が自らの教義から公共性を持ち政治と関わってもよいとする意見にはハッとする。神道の専門家ではないから、神道についての分析や解説は対談や解説、一般書あたりに負っている。だが、神道の専門家だと西洋の思考枠組みや近代以降の人権や統治機構の概念が吹っ飛んだ祭政一致になってしまうので、ちょうどよい。 …続きを読む
    takashi1982
    2017年02月15日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品