富士見L文庫

思い出読みの憶絵さん

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年07月15日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784040709895
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

富士見L文庫

思い出読みの憶絵さん

  • 著者 吉田しく
  • イラスト uki
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年07月15日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784040709895

あなたの思い出、お見せください。品に詰まった想いと秘密を読み解きます

仙台にある古物店。そこで働くのは、ひなびた店に似合わない、若くて美しい憶絵さんだ。長い黒髪。物静かで、憂いを帯びた瞳。そして眼帯で隠された片方の目。
 そんな店員のいる店だからか、時には売買を目的としない古物や、いわく付きの品物が持ち込まれることも。それらを前にすると、決まって憶絵さんは眼帯を外して鑑定をする。そうして彼女は古い品物に詰まった思い出を読み取り、謎を解き明かしていく――。
 あなたの思い出、お見せください。これは、憶絵さんが紡ぐ古物と秘密、そして“想い”の物語。


メディアミックス情報

NEWS

「思い出読みの憶絵さん」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • そんなに憶絵さんの境遇や能力をすぐに受け入れられるものだろうか? という疑問はあったけれど、悪くない。次の作品も読ませていただきます。 そんなに憶絵さんの境遇や能力をすぐに受け入れられるものだろうか? という疑問はあったけれど、悪くない。次の作品も読ませていただきます。
    佐島楓@勉強中
    2016年08月27日
    44人がナイス!しています
  • ニートだった男性が主人公。「思い出をお見せください」という一見すると怪しい看板がある商店が舞台。ふんわりとした感じで読みやすかった。出てくる人が皆いい人だったのもいいのかも。主人公のツンデレな妹ちゃん ニートだった男性が主人公。「思い出をお見せください」という一見すると怪しい看板がある商店が舞台。ふんわりとした感じで読みやすかった。出てくる人が皆いい人だったのもいいのかも。主人公のツンデレな妹ちゃんが、ちらりと見せた小学2年生らしい子供っぽさにジーンとしながら、安心して読めた1冊です。憶絵さんの過去が結構さらりと紹介してあったけれど、そこを掘り下げて読んでみたいなぁとも思いました。 …続きを読む
    はな
    2016年07月22日
    36人がナイス!しています
  • モノには思い入れがある。その分、モノにだって思い出がある。今あるモノたちも私との思い出感じてくれてるのかななんて思ったら、ちょっぴり楽しくなりました。さらっと読める温かい物語でした。 モノには思い入れがある。その分、モノにだって思い出がある。今あるモノたちも私との思い出感じてくれてるのかななんて思ったら、ちょっぴり楽しくなりました。さらっと読める温かい物語でした。
    なないろ
    2016年07月31日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品