試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041044803

潜航せよ

  • 著者 福田 和代
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041044803

日本海で、核弾頭を搭載した潜水艦内部で爆発が。決死の攻防が始まる!

中国の戦略型原子力潜水艦が、日本海で原因不明の爆発事故を起こした。同じ頃、春日基地で防空管制を勤める遠野真樹一等空尉は、海栗島に赴任したばかりの安濃小隊長を呼び出し、驚愕した。この男は、安濃ではない!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「潜航せよ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 安濃将文シリーズ第2弾。前作では、戦闘機が物語の重要な核だったのに対して、今作の物語の中核は、原子力潜水艦。日本海を潜航中の中国の原子力潜水艦、安濃の新しい赴任地となった対馬の分屯基地、北京、釜山を主 安濃将文シリーズ第2弾。前作では、戦闘機が物語の重要な核だったのに対して、今作の物語の中核は、原子力潜水艦。日本海を潜航中の中国の原子力潜水艦、安濃の新しい赴任地となった対馬の分屯基地、北京、釜山を主要な舞台として、前作のスケールを遥かに超えるミリタリーサスペンスになっている、面白いのは、主人公・安濃将文が、決してヒーローなどではなく、「日本一運の悪い自衛官」であること。むしろ、射撃の名手である女性自衛官・遠野真樹の方がヒーロー的。まだ最終決着がついていない、あの強敵との戦いはどうなるのか。次作も楽しみ。 …続きを読む
    いたろう
    2020年05月04日
    65人がナイス!しています
  • 航空自衛隊員・安濃一尉『迎撃せよ』の続編。あの後どうなったかなぁ?と思っていたら、まさかこんな!(笑)コナン君並みの巻き込まれ度!2作目ということでメインキャラ達の輪郭もはっきりしてきたし、エピローグ 航空自衛隊員・安濃一尉『迎撃せよ』の続編。あの後どうなったかなぁ?と思っていたら、まさかこんな!(笑)コナン君並みの巻き込まれ度!2作目ということでメインキャラ達の輪郭もはっきりしてきたし、エピローグを読むと、前作本作併せて頂戴なプロローグだった?な感じが大いに楽しみ。第三作『生還せよ』も既刊だが、是非シリーズ化してほしい。個人的には、劉兄弟のその後も興味津々。 …続きを読む
    RIN
    2017年11月29日
    31人がナイス!しています
  • 初読みの福田和代さんミリタリー・サスペンス。シリーズ第2弾とは知らずに読み始め、潜水艦爆発の辺りから先が気になって読むスピードが速くなった。機会があればシリーズ第1弾、第3弾も読んでみたい。 初読みの福田和代さんミリタリー・サスペンス。シリーズ第2弾とは知らずに読み始め、潜水艦爆発の辺りから先が気になって読むスピードが速くなった。機会があればシリーズ第1弾、第3弾も読んでみたい。
    Noriko D
    2018年10月30日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品