『資本論』の核心 純粋な資本主義を考える

『資本論』の核心 純粋な資本主義を考える 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年09月10日
商品形態:
電子書籍

『資本論』の核心 純粋な資本主義を考える

  • 著者 佐藤 優
発売日:
2016年09月10日
商品形態:
電子書籍

カネによる、支配の手口を見抜く! 私たちは搾取されている階級なのだ。

資本主義は強い。これに変わるシステムもない。嫌々ながらもつき合わざるを得ない魔物、その見えない怪物の姿を見えるようにしたのが『資本論』である。『資本論』の肝をつかむことで、潰されない生き方を獲得する。

メディアミックス情報

NEWS

「『資本論』の核心 純粋な資本主義を考える」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆佐藤優先生はおそらく日本でマルクスを分かりやすく説明していると思う。池上彰さんがマルクスを読みマルクスの本を出したのも佐藤優先生の影響からだ。マルクス経済学とマルクス主義経済学は違う。マルク ★★★☆☆佐藤優先生はおそらく日本でマルクスを分かりやすく説明していると思う。池上彰さんがマルクスを読みマルクスの本を出したのも佐藤優先生の影響からだ。マルクス経済学とマルクス主義経済学は違う。マルクス主義経済学は資本主義=悪というイデオロギーから経済的に分析する学問だ。そこには共産主義というイデオロギーをプリズムにして世界を見ている。会社の収益が上がったからといって、賃金が上がるわけではないという主張は分かるけれども、まず企業の収益が上がらないと元も子もないとも思う。 …続きを読む
    読書狂人
    2016年09月29日
    65人がナイス!しています
  • 【雑多な感想】 ①読メの記録によれば、僕は昨年五月に、この本を読んだらしい。なんとなくだが、今回の方が多くをキャッチできた気がする。 ②宇野弘蔵は中世封建社会における「臣下の臣下は臣下ならず」を理解し 【雑多な感想】 ①読メの記録によれば、僕は昨年五月に、この本を読んだらしい。なんとなくだが、今回の方が多くをキャッチできた気がする。 ②宇野弘蔵は中世封建社会における「臣下の臣下は臣下ならず」を理解していなかったようだ。佐藤優によれば、宇野個人の誤解というよりも、当時の歴史認識の限界らしい。近世の絶対主義におけるえらそーな王様の様子から、「中世の王様もこうだったんだろう」と思い込んでいたということだ。そうか。安倍晋三のことを「中世の亡霊のルイ14世みたいだ」と非難する人がいるのは、アップデートの問題か。 …続きを読む
    徳田新之助
    2020年07月10日
    13人がナイス!しています
  • 環境は資本や労働力によっても、創り出すことができない。 新自由主義政策の推進と食品虚偽表示。安価な農作物輸入により、労働力の価格が低下し、資本家が利益を見出しうる。 中卒程度の基礎学力があれば、マニュ 環境は資本や労働力によっても、創り出すことができない。 新自由主義政策の推進と食品虚偽表示。安価な農作物輸入により、労働力の価格が低下し、資本家が利益を見出しうる。 中卒程度の基礎学力があれば、マニュアルで対応可能な現場労働が主流の現代。専門分野に特化した熟練労働者になれば、引く手数多。 資本論は1867年に出版されたが、現代でも引用可能な事が最大の魅力だろう。1000年に一冊の本とは正に。 …続きを読む
    Happy Like a Honeybee
    2016年11月05日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品