文豪ストレイドッグス(11) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年10月04日
商品形態:
電子書籍

文豪ストレイドッグス(11)

  • 著者 春河35
  • 原作 朝霧 カフカ
発売日:
2016年10月04日
商品形態:
電子書籍

鏡花の過去、そしてついに牙をむくドストエフスキーの謀略とは…!?

鏡花の元に届いた匿名の依頼。敦と一緒に調査を進める彼女だが、なぜかモンゴメリが邪魔しに来て…!?死亡したと思われたあの男の再起、そしてついに牙をむくドストエフスキーの謀略――予測不能の11巻!

メディアミックス情報

NEWS

「文豪ストレイドッグス(11)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「⋯⋯確かに人は皆罪深く愚かだ だからいいんじゃあないか」失敗も欠点もない人間は嫌い。完璧すぎる人は人に優しくなれないと思う。 「⋯⋯確かに人は皆罪深く愚かだ だからいいんじゃあないか」失敗も欠点もない人間は嫌い。完璧すぎる人は人に優しくなれないと思う。
    ソルティ
    2019年08月18日
    171人がナイス!しています
  • のっけからモテ期の敦くん。個人的には鏡花ちゃん推し。モンゴメリもツンデレで可愛いけど。この三角関係もどうなっていくのか今後も注目。にしても鏡花ちゃんの過去が切ないですね。本作を読んで、今まであんまりい のっけからモテ期の敦くん。個人的には鏡花ちゃん推し。モンゴメリもツンデレで可愛いけど。この三角関係もどうなっていくのか今後も注目。にしても鏡花ちゃんの過去が切ないですね。本作を読んで、今まであんまりいけ好かなかったフィッツジェラルドの株が急上昇。ドン底から這い上がる姿がかっこ良かったです。そしてドストエフスキーが表立って動き出して、物語も次の展開へ。ラストの太宰さんの言葉が心に響きました。「異能者のない世界を創る」と断言したドストエフスキー。そこには深い悲しみがあるように私は感じました。続きが待たれます。 …続きを読む
    蓮子
    2016年10月03日
    113人がナイス!しています
  • 夜叉白雪は…そうだったんだ。両親の愛だったのね♪異能者のいない未来、また何人もの血が流れることに? 夜叉白雪は…そうだったんだ。両親の愛だったのね♪異能者のいない未来、また何人もの血が流れることに?
    wata
    2017年03月03日
    60人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品