魔少女毒少女 リリスとサラの情炎行

魔少女毒少女 リリスとサラの情炎行 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ライトノベルEXPO
ライトノベルEXPO
発売日:
2016年04月30日
商品形態:
電子書籍

魔少女毒少女 リリスとサラの情炎行

  • 著者 みかみてれん
  • 監修 桝田 省治
  • イラスト 夜汽車
発売日:
2016年04月30日
商品形態:
電子書籍

乙女たちは闇を進む

疫病に侵された「娘」サラと彼女を守る「ママ」のリリス。はたから見れば、年齢に差のない、ミステリアスな美少女ふたり。彼女たちは幼少期に受けた人体実験により、周囲が恐れる能力を得ていた。しかしその能力の代償は――疫病の治らない身体と能力を求める者からの追行。死と隣り合わせの日々を余儀なくされた。これは行方不明の科学者たちを探し、元の身体を取り戻すための冒険譚である。
  • ライトノベルEXPO
    ライトノベルEXPO

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「魔少女毒少女 リリスとサラの情炎行」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 母と娘をそれぞれ演じるリリスとサラ、二人の少女の冒険を描く物語。とにかく戦いに強いリリスだが、サラの病魔の前には薬がなければ無力であるという点に絶望感が漂っている。この「娘」を心配するあまり束縛したこ 母と娘をそれぞれ演じるリリスとサラ、二人の少女の冒険を描く物語。とにかく戦いに強いリリスだが、サラの病魔の前には薬がなければ無力であるという点に絶望感が漂っている。この「娘」を心配するあまり束縛したことで仲違いするも、試練を乗り越えてよりを戻す、という展開はありがちだが、だからこそ素晴らしかった。中身の濃いストーリーを300ページ程度に凝縮する構成力と筆致の勢いには脱帽。過去の事情といった設定や心理描写も丁寧でカタルシスも抜群。彼女たちの前途が明るいものであることを祈りたい。 …続きを読む
    Kamikami
    2016年04月30日
    3人がナイス!しています
  • 魔物と戦い旅を続けるリリス&サラ。バディものとは異なるヒロイン同士の関係性は「幼馴染みなのに母娘」これ如何に。その謎も旅が進むにつれて明かされていくが、リリスとサラに生じる気持ちの変化が一番の見所。特 魔物と戦い旅を続けるリリス&サラ。バディものとは異なるヒロイン同士の関係性は「幼馴染みなのに母娘」これ如何に。その謎も旅が進むにつれて明かされていくが、リリスとサラに生じる気持ちの変化が一番の見所。特異属性持ちヒロインズのおかげで安定したバトルシーンとは対照的に、どう転ぶかドキドキさせる恋の行方はやきもきしながら読み解いていける。母娘らしさも内包した愛情の示し方は読み応え十分で、もはや踏み台或いは敵対視の対象としてのみ存在する男どもに哀愁の讃歌を贈りたいほど(誇張)。 …続きを読む
    おこげ
    2016年05月18日
    2人がナイス!しています
  • 旅する母娘の話です。/病気の娘のために薬を求めて旅するという内容でした。退廃した世界でのファンタジーという印象です。母娘とは言うものの、初っ端から血の繋がりはないことは分かりますし、どうしてこんな関係 旅する母娘の話です。/病気の娘のために薬を求めて旅するという内容でした。退廃した世界でのファンタジーという印象です。母娘とは言うものの、初っ端から血の繋がりはないことは分かりますし、どうしてこんな関係になったのかの憶測もつきますが、実際に後半でその描写をされるとしんみりとしてしまいました。実験台として身体を弄られるという絶望の中で幼馴染みと二人で支え合い生きようとするというのは泣けます。まだまだ続きそうな話だったので、二巻が読みたいですね。 …続きを読む
    さあささん
    2017年04月10日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品