試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ComicWalker
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年04月25日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
198
ISBN:
9784047340589

死者の書(下)

  • 著者 近藤 ようこ
  • 原作 折口 信夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年04月25日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
198
ISBN:
9784047340589

日本幻想文学屈指の傑作を漫画化。古代へと誘う魂の物語、ついに完結!

時は八世紀半ば、奈良の都・平城京が栄えた頃。二上山の峰の間に、荘厳な俤びとの姿を見た藤原南家の娘――郎女は、館から姿を消し、女人禁制の万法蔵院に入り込む。「姫の咎は、姫が贖う」――長期の物忌みに入った郎女の元に、五十年前、謀反の罪で斬首された滋賀津彦の亡霊が現れる。その、白玉が並んだような、白い骨ばかりの指を見た郎女は――。日本民俗学の基礎を築いた折口信夫の傑作小説を、近藤ようこが初読四十年にして、宿願の漫画化。古代へと誘う魂の物語、完結の下巻。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「死者の書(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 古代へと、曼荼羅、当麻寺へとこの本が誘ってくれる。仏の教えの道筋が・・ 古代へと、曼荼羅、当麻寺へとこの本が誘ってくれる。仏の教えの道筋が・・
    はつばあば
    2016年07月08日
    42人がナイス!しています
  • 蓮の糸で袈裟をつくり上げ、曼荼羅としてそれを当麻寺にのこした中将姫のひたむきな姿はまわりの者たちの心を打ちつつも不思議の念をも抱かせます。姫にしか見えない阿弥陀ほとけの肩にかけるための、風をよけ、寒さ 蓮の糸で袈裟をつくり上げ、曼荼羅としてそれを当麻寺にのこした中将姫のひたむきな姿はまわりの者たちの心を打ちつつも不思議の念をも抱かせます。姫にしか見えない阿弥陀ほとけの肩にかけるための、風をよけ、寒さを和らげるための袈裟をつくる姿に意味を見出すことはできません。中将姫の目に見える清く、美しい仏は他の人々には見えないのですから。姫はただただ、自分の目と心の赴くままに織り、断ち、縫い上げるのです。彼女の叔父、藤原仲麻呂の言葉、「これはもう、人の手にはもどらんかもしれんぞ」その通りに姫は涅槃へと歩き出すのです。 …続きを読む
    井月 奎(いづき けい)
    2019年02月17日
    37人がナイス!しています
  • 蓮の茎から五色の糸を取り、布を織る絵本を昔読んだがこの原作も同じ話をタネにしているのだろうか。簡素ながら美しい古代幻想、郎女の行方の儚さも含め雄大な空気に飲み込まれる思い 蓮の茎から五色の糸を取り、布を織る絵本を昔読んだがこの原作も同じ話をタネにしているのだろうか。簡素ながら美しい古代幻想、郎女の行方の儚さも含め雄大な空気に飲み込まれる思い
    澤水月
    2016年05月08日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品