生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年05月26日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
176
ISBN:
9784040683690

生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした

  • 著者 モンズースー
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年05月26日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
176
ISBN:
9784040683690

私も発達障害。息子2人はグレーゾーン。絶望と希望を繰り返す毎日。

【月間180万PV! アメブロ総合第1位!】
幼いころから生きづらさを抱えていた私が生んだ子は、二人とも発達障害グレーゾーンでした。

未来が怖い、人目が怖い、集団が怖い。
絶望と希望を繰り返しながら、それでもなんとか前向きに生きていく姿に、共感と応援の声!
アメブロで総合1位を獲得した実録コミックエッセイが、未発表秘話を100ページ以上収録し、発売です。

【主な内容】
1 うちのこ、なんかよその子と違う?
2 これって虐待なの?
3 私も発達障害だったの?
4 この子の母でありたい
5 思い当たる過去
6 ようやく出会えた理解者
7 そして次男誕生
8 白黒つけたらスッキリした
9 無理も妥協もしない
10 次男療育スタート
11 我が家の対処法
12 長男の療育先探し
13 未来は怖いけど
14 今日がなくて明日はない

【ブログ読者さんの声】
●よくぞ描いてくれました!と、いつも感動させられています。
●うまく言えませんし、頑張れって言葉あまり使いたくないのですが、それでも幸せになってほしくて『ガンバレ!』と心の中で応援しながら泣きながら読んでいます。
●読めば読むほど、自分に当てはまる気がしてなりません・・・
●勇気を出して描いてくれて本当にありがとうございます! 言えない気持ちを代弁してくれてると
感じている人がたくさんいますよ!(もちろん 私も)
●このブログから目が離せません。私だけじゃ無かった、とうなずきまくりです。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

1 うちのこ、なんかよその子と違う?
2 これって虐待なの?
3 私も発達障害だったの?
4 この子の母でありたい
5 思い当たる過去
6 ようやく出会えた理解者
7 そして次男誕生
8 白黒つけたらスッキリした
9 無理も妥協もしない
10 次男療育スタート
11 我が家の対処法
12 長男の療育先探し
13 未来は怖いけど
14 今日がなくて明日はない

メディアミックス情報

NEWS

「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 発達障害を抱えた母が発達障害の長男に愛情精一杯かけて子育てに奮闘している姿が素晴らしかった。おかしいな?と思ったことをそのままにせずどこまでも支援先を探していく姿は天才的。常に向き合う体当たりの子育て 発達障害を抱えた母が発達障害の長男に愛情精一杯かけて子育てに奮闘している姿が素晴らしかった。おかしいな?と思ったことをそのままにせずどこまでも支援先を探していく姿は天才的。常に向き合う体当たりの子育てにあっぱれだ。発達障害について専門的なことは書かれていないが特徴をわかりやすく描写している。 …続きを読む
    みゃーこ
    2017年02月17日
    70人がナイス!しています
  • 長男を育てていくうちに他の子となんか違うと気づいた著者が原因を知って悩んで苦しみながらも子育てに奮闘していくコミックエッセイ。人間、十人十色。少し変わっててもそれが個性。確かに生きづらい世の中ではある 長男を育てていくうちに他の子となんか違うと気づいた著者が原因を知って悩んで苦しみながらも子育てに奮闘していくコミックエッセイ。人間、十人十色。少し変わっててもそれが個性。確かに生きづらい世の中ではあるけれど。 …続きを読む
    神城冥†
    2018年01月29日
    56人がナイス!しています
  • 発達障害(ADHD)を持つモンズースーさん(母)とグレーゾーンのそうすけ君(長男)とあゆむ君(次男)親子のコミックエッセイ。自身も発達障害であるからこその経験を踏まえ、思考錯誤しながらも二人の息子に寄 発達障害(ADHD)を持つモンズースーさん(母)とグレーゾーンのそうすけ君(長男)とあゆむ君(次男)親子のコミックエッセイ。自身も発達障害であるからこその経験を踏まえ、思考錯誤しながらも二人の息子に寄り添うモンズーさんの姿に心を打たれました。発達障害は生まれつきのものなので、投薬やカウンセリングなどの手助けはあっても完治するものではありません。自分の特性を理解しながら付き合っていくしかないのです。まだまだこれから親子共に大変なこともあるとは思いますが、モンズーさん親子の幸せを願わずにはいられませんでした。 …続きを読む
    あん
    2018年02月17日
    54人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品