角川文庫

乙女の美術史 日本編

乙女目線の日本の美術はこんなにディープで面白い!大好評シリーズ第三弾!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
244
ISBN:
9784041040263
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

乙女の美術史 日本編

乙女目線の日本の美術はこんなにディープで面白い!大好評シリーズ第三弾!

  • 著者 堀江 宏樹
  • 著者 滝乃 みわこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
244
ISBN:
9784041040263

乙女目線の日本の美術はこんなにディープで面白い!大好評シリーズ第三弾!

萌絵の発祥から美青年との男色まで。乙女目線で読み解けば、日本の美術はこんなにディープで面白い。歴女から圧倒的な支持を集めた大人気シリーズ第3弾!春画コラム・猫絵の歴史を豪華書き下ろし

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「乙女の美術史 日本編」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • またまた「乙女」でないのに読みました~w とても楽しめました。 またまた「乙女」でないのに読みました~w とても楽しめました。
    けやき
    2016年11月10日
    37人がナイス!しています
  • 歴女のバイブル「乙女」シリーズ第三弾!学校で教えて欲しかったちょっぴり過激な秘密の美術入門。 歴女のバイブル「乙女」シリーズ第三弾!学校で教えて欲しかったちょっぴり過激な秘密の美術入門。
    enana
    2018年01月08日
    22人がナイス!しています
  • シリーズ3冊目。「乙女」という独特の視点からの考察が相変わらずおもしろかったです。近世の浮世絵、特に「萌え絵」のくだりが特に興味深かったです。 シリーズ3冊目。「乙女」という独特の視点からの考察が相変わらずおもしろかったです。近世の浮世絵、特に「萌え絵」のくだりが特に興味深かったです。
    ゆきこ
    2018年04月23日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品