角川文庫

片桐酒店の副業

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041039960
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

片桐酒店の副業

  • 著者 徳永 圭
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041039960

小さな酒店を巡る、感動の物語。

とある地方の商店街の一角に佇む古びた酒店。二代目店主の片桐章は、本業のかたわら、配達を副業としていた。片桐のもとには厄介な依頼が舞い込んでくる。アイドルに差し入れを、いじめる上司に悪意を、そして未来の自分に届け物を。無理難題にも真摯に対応していく片桐だったが、彼もまた心に大きな忘れ物を抱えていた。なぜ酒店の店主が毎日黒いスーツで黙々と働いているのか? その秘密は彼の隠された過去にあった――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「片桐酒店の副業」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 酒店の店主が副業で、東海三県の範囲内で法にふれなければ何でも配達するという話!店主がまず暗いイメージで、なんでそんな恰好で働くのとツッコミを入れ、この本は、ハズレかなとも思いましたが、読んでいくうちに 酒店の店主が副業で、東海三県の範囲内で法にふれなければ何でも配達するという話!店主がまず暗いイメージで、なんでそんな恰好で働くのとツッコミを入れ、この本は、ハズレかなとも思いましたが、読んでいくうちにはまりましたね(^^;)面白かったです(^^)舞台が岐阜県というのが酒店の外観のイメージ、配達中の景色がふくらみ面白さが増しますね。ラスト、しっくりこなかったんですが、続編の要素を残しているのでは…?ぜひ続編がでてほしい作品です(^^)続編で、どんだけ変わった物を配達してくれるか楽しみだなあ(^-^) …続きを読む
    しんごろ
    2016年08月14日
    91人がナイス!しています
  • 帯につられて買ったものの、大どんでん返しを期待すると肩透かし。でも、「悪意」の配送や、「人にはそれぞれけじめのつけかたがあるんだろう」に、すこし心を動かされる。黒スーツは弔いの意味もあったのかな。 帯につられて買ったものの、大どんでん返しを期待すると肩透かし。でも、「悪意」の配送や、「人にはそれぞれけじめのつけかたがあるんだろう」に、すこし心を動かされる。黒スーツは弔いの意味もあったのかな。
    TANGO
    2016年06月14日
    34人がナイス!しています
  • お酒以外にも法に触れないものなら何でも配達してくれる片桐酒店。4つのストーリーがあって、どれも変わっている依頼内容でした。「悪意」では片桐がどうやって配達するのかが気になり、一番印象に残ってます。 お酒以外にも法に触れないものなら何でも配達してくれる片桐酒店。4つのストーリーがあって、どれも変わっている依頼内容でした。「悪意」では片桐がどうやって配達するのかが気になり、一番印象に残ってます。
    りり
    2017年06月12日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品