富士見L文庫

貸出禁止のたまゆら図書館 2

見え隠れする白火の過去。彼に施された封印とは――?

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年02月15日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784040708119
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

富士見L文庫

貸出禁止のたまゆら図書館 2

見え隠れする白火の過去。彼に施された封印とは――?

  • 著者 一石月下
  • イラスト あおいれびん
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年02月15日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784040708119

見え隠れする白火の過去。彼に施された封印とは――?

逢瀬を重ね、距離を縮める千穂と白火。しかし白火には千穂に語らない過去があった。そんなとき、秋人の再入院が決まる。千穂は弟にも自分から踏み込もうと決意するのだが、秋人はある楽譜に魅入られてしまい――?

メディアミックス情報

NEWS

「貸出禁止のたまゆら図書館 2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • すれ違いを乗り越え、互いの想いを確かめ合った千穂と白火。しかし・・・これが永遠のものでないことは、ふたりとも立場上わかっているはず。案じられてなりません。 すれ違いを乗り越え、互いの想いを確かめ合った千穂と白火。しかし・・・これが永遠のものでないことは、ふたりとも立場上わかっているはず。案じられてなりません。
    佐島楓@勉強中
    2016年05月15日
    40人がナイス!しています
  • 病弱な弟・秋人が同調する書妖・里見のおかげで秋人が復調。姉・千穂に対する思いはシスコン?(笑)今まで家族といっても関わりがなかっただけに、やっと千穂とわかりあえた秋人にとっては姉を独占したいよね。そし 病弱な弟・秋人が同調する書妖・里見のおかげで秋人が復調。姉・千穂に対する思いはシスコン?(笑)今まで家族といっても関わりがなかっただけに、やっと千穂とわかりあえた秋人にとっては姉を独占したいよね。そして千穂への思いと言えば、書妖・白火も今作でかなりはっきりと伝えている。勿論、千穂も。白火の過去を聞くとなるほど大切な人ならば余計に危険な目に合わせたくないと思うはず。長い間孤独や寂しさに耐えてきた白火が不憫だった…だから、千穂やたまゆら図書館の書妖たちとは楽しくチームワーク良くずっと過ごしてほしいなあ。 …続きを読む
    すみの
    2016年05月08日
    28人がナイス!しています
  • 図書館本。1巻目よりは話は良かったかなと思いました。今回は弟の秋人君の話がありますが、自分の思いのたけを伝えたらまさに豹変と言った感じ。姉ラブな状況になっていました。恋愛に大きく傾いている感じがするの 図書館本。1巻目よりは話は良かったかなと思いました。今回は弟の秋人君の話がありますが、自分の思いのたけを伝えたらまさに豹変と言った感じ。姉ラブな状況になっていました。恋愛に大きく傾いている感じがするのですが、読んでいて狐(妖狐)と人間の少女の恋愛と言う感じが「○さまはじめました」的な感じがするのですが…。気のせいなのかな? …続きを読む
    はな
    2016年04月18日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品