無花果とムーン 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年01月25日
商品形態:
電子書籍

無花果とムーン

  • 著者 桜庭 一樹
発売日:
2016年01月25日
商品形態:
電子書籍

少女のかなしみが、不思議な奇蹟を起こす――胸に秘めた「ある秘密」とは?

18歳の少女・月夜の大好きなお兄ちゃんは、ある日目の前で突然死んでしまった。月夜はその後も兄の気配を感じるが、周りは誰も信じない。そんな中、街を訪れた流れ者の少年・密は兄と同じ顔をしていて……!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「無花果とムーン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 作者は変幻自在(^-^)ペンネーム替えたら直木賞が何回でも取れそう(^◇^;) ー奈落はずっと悩んでたんやろなぁ、亡くなるときは“超絶”嬉しかったかも知れん(密も言うてたしね) いやしかし登場人物は 作者は変幻自在(^-^)ペンネーム替えたら直木賞が何回でも取れそう(^◇^;) ー奈落はずっと悩んでたんやろなぁ、亡くなるときは“超絶”嬉しかったかも知れん(密も言うてたしね) いやしかし登場人物はみーんな魅力的で楽しかったり、涙出たりで物語に引きずり込まれました(^-^)月夜と苺苺苺苺苺先輩の掛け合いが最高!(^O^)/ …続きを読む
    coolgang1957
    2016年01月27日
    47人がナイス!しています
  • 全体的に息苦しさとか閉塞感漂う展開。月夜が当初と比べるとだんだんと追い込まれていく様は読んでいてなかなかに辛い。それだけに最後のイチゴ先輩など周りの人とのやりとりが良かったと思う。 全体的に息苦しさとか閉塞感漂う展開。月夜が当初と比べるとだんだんと追い込まれていく様は読んでいてなかなかに辛い。それだけに最後のイチゴ先輩など周りの人とのやりとりが良かったと思う。
    ソラ
    2016年02月28日
    43人がナイス!しています
  • 今回は物語よりもあとがきに気を惹かれた。けれど後々、物語の断片をキラキラした思春期のカケラみたいに思い出すんだろうなあ、きっと。 今回は物語よりもあとがきに気を惹かれた。けれど後々、物語の断片をキラキラした思春期のカケラみたいに思い出すんだろうなあ、きっと。
    Anemone
    2020年05月21日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品