映画化作品

角川文庫

二重生活

他人を尾行し、秘密を知ること――それは、震えるほどの興奮。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041036204
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

映画化作品

角川文庫

二重生活

他人を尾行し、秘密を知ること――それは、震えるほどの興奮。

  • 著者 小池 真理子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041036204

他人を尾行し、秘密を知ること――それは、震えるほどの興奮。

大学院生の珠は、ある思いつきから近所に住む男性・石坂を尾行、不倫現場を目撃する。他人の秘密に魅了された珠は観察を繰り返すが、尾行は徐々に珠自身と恋人の関係にも影響を及ぼしてゆき――。蠱惑のサスペンス!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「二重生活」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 赤の他人を尾行し素行を観察することで思わぬ秘密を盗み見る、そんな行為に魅せられた主人公。余計な感情移入はせず知り得た事実のみを客観的に記録するに留めるはずが、想定外の展開の連続に自身の生活が危うく翻弄 赤の他人を尾行し素行を観察することで思わぬ秘密を盗み見る、そんな行為に魅せられた主人公。余計な感情移入はせず知り得た事実のみを客観的に記録するに留めるはずが、想定外の展開の連続に自身の生活が危うく翻弄されていく。一見エキセントリックにも思えるが、他人の秘密を知ることは背徳的であると同時に愉悦を覚える行為には違いない。読書することも然り、様々な人の人生を追体験できるという点で快楽の種類は似ているのかもしれない。降り積もる猜疑心にサスペンスフルな展開、思わず昔の自分と重ねてしまう臨場感。小池さん、流石です。 …続きを読む
    Yoko Omoto
    2016年05月14日
    156人がナイス!しています
  • 面白い小説を読んだ時の満足感に浸れた。好奇心旺盛で感受性が高く、外国に住む父親との疎遠な関係があったり、人生を揺るがすような大人の男との不倫も経験した珠。今は同棲する彼の浮気を妄想しながら、タイプの大 面白い小説を読んだ時の満足感に浸れた。好奇心旺盛で感受性が高く、外国に住む父親との疎遠な関係があったり、人生を揺るがすような大人の男との不倫も経験した珠。今は同棲する彼の浮気を妄想しながら、タイプの大学教授には性的な妄想も抱く。とある仏文学の講義に感化され彼女は他人を尾行するスリルと人の秘密を知る快感を覚えてしまう。同棲相手が結婚を決断し喜びと安心を得たものの本心は平凡に耐えらず倦怠感すら覚え尾行を再開するラスト。なんじゃあこりゃあ?何て面白い女性なの、教授に唆されたという考えがカワイイとすら思えます。 …続きを読む
    ケンイチミズバ
    2016年07月25日
    117人がナイス!しています
  • 尾行は尾行でも、文学的・哲学的尾行とは何か?ゼミで唆しにも近い衝撃を受けた女性が尾行を開始してしまう。でもやはり尾行は尾行で、やがて人の秘密を知り、それだけの澄み切った水の筈なのにどす黒いインクが流し 尾行は尾行でも、文学的・哲学的尾行とは何か?ゼミで唆しにも近い衝撃を受けた女性が尾行を開始してしまう。でもやはり尾行は尾行で、やがて人の秘密を知り、それだけの澄み切った水の筈なのにどす黒いインクが流し込まれてしまった私。個人的に蒸し暑く寝苦しい夜に読む気になる小池氏作品だが、本作もそうであった。描かれていた季節は冬だが(笑)。人の秘密は蜜の味、というベタなコメントにて感想を了とする。 …続きを読む
    あすなろ
    2016年08月12日
    116人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

読み進めていくうちに、いつの間にか私の心はわしづかみされていた。
(こうっち さん・30代女性)

これまで読んだことのないような新鮮な読了感が残りました。
(M.T さん・20代女性)

珠の大胆な尾行にハラハラしつつも「もっと探って欲しい」そんな欲求から一気に読んでしまいました。人には様々な人生があり、喜び、悲しみ、疑惑、嫉妬、そしていくつかの秘密を抱えて日々が過ぎていく…そんな日常をあらためて思い返しました。
(あゆ さん・40代女性)

著者紹介

小池 真理子(こいけ まりこ)

1952年東京生まれ。成蹊大学文学部卒業。89年「妻の女友達」で第42回日本推理作家協会賞(短編および短編集部門)、96年「恋」で第114回直木賞、98年「欲望」で第5回島清恋愛文学賞、2006年「虹の彼方」で第19回柴田錬三郎賞、12年「無花果の森」で第62回芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)、13年「沈黙のひと」で第47回吉川栄治文学賞を受賞。「無伴奏」「存在の美しい哀しみ」「怪談」「千日のマリア」「モンローが死んだ日」など著書多数。

最近チェックした商品