角川文庫

占い処・陽仙堂の統計科学

四柱推命を操る占い師が、難事件に挑む! 占いと謎解きが融合した、新感覚ミステリ!!

発売日:
2015年10月24日
商品形態:
電子書籍
占い処・陽仙堂の統計科学 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

占い処・陽仙堂の統計科学

四柱推命を操る占い師が、難事件に挑む! 占いと謎解きが融合した、新感覚ミステリ!!

  • 著者 二宮 敦人
発売日:
2015年10月24日
商品形態:
電子書籍

四柱推命を操る占い師が、難事件に挑む! 占いと謎解きが融合した、新感覚ミステリ!!

「生年月日と人生の相関性を対象とする数千年規模の数理解析――それが四柱推命。つまり、統計科学です」。11年前に行方不明になった妹を捜し続ける喜一は、すべての手がかりを失い、藁にもすがる思いで評判の占い師を頼る。白衣を纏った大学院生の彼女は、生年月日から運命を占う「四柱推命」で失踪した妹を占うと、鑑定結果を手がかりに、その足跡をたどり始めるのだが――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「占い処・陽仙堂の統計科学」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 11年前行方不明になった妹を捜し続ける喜一が、白衣を纏った大学院生で「四柱推命」の占い師・陽仙を頼る占いと謎解きが融合したミステリ。四柱推命を積み上げを活かした統計科学と評するちょっと変わった女子大生 11年前行方不明になった妹を捜し続ける喜一が、白衣を纏った大学院生で「四柱推命」の占い師・陽仙を頼る占いと謎解きが融合したミステリ。四柱推命を積み上げを活かした統計科学と評するちょっと変わった女子大生の恵水が、占いを活かして事件解決に挑むストーリーで、四柱推命の解説はなかなか興味深かったですが、人物評はともかく人探しや事件解決まではさすがに限界があって、恵水自身の観察力も大きかったですかね。とはいえこの作品で描かれた登場人物たちの人間模様はとても人情味があり、続編出るようならまた読んでみたいと思いました。 …続きを読む
    よっち
    2015年11月19日
    35人がナイス!しています
  •  イチ占い師から言わせて頂くと、四柱推命は確かに的中率高めです。しかし、人が作ったモノなので、完璧でないコトを指摘しているのが、ある意味潔かったですね。探している相手が、結構身近にいたと言う青い鳥モチ  イチ占い師から言わせて頂くと、四柱推命は確かに的中率高めです。しかし、人が作ったモノなので、完璧でないコトを指摘しているのが、ある意味潔かったですね。探している相手が、結構身近にいたと言う青い鳥モチーフの展開も、かなり驚きました。 …続きを読む
    桂けい
    2017年02月05日
    32人がナイス!しています
  • 自分の占いに対する偏見が解けたような気がした。沢山の種類のある占いの中で本作は「四柱推命」を扱い、作中の解説は素人にも解りやすい。陽仙堂という流派の後継者ヨーセンこと恵美は、同時期にヨーセンの占いに興 自分の占いに対する偏見が解けたような気がした。沢山の種類のある占いの中で本作は「四柱推命」を扱い、作中の解説は素人にも解りやすい。陽仙堂という流派の後継者ヨーセンこと恵美は、同時期にヨーセンの占いに興味を持った芙蓉子と知り合う。二人は同じくヨーセンの占いに頼ろうと現れた喜一によって事件に巻き込まれていく。四柱推命とは生年月日と人生の相関性を対象とする一種の統計学らしい。変化しないものは「変化」以外にはない。つまり全てのものは変化する。時代背景や占う人の環境によって臨機応変に占える占い師が当たるようだ(笑) …続きを読む
    dr2006
    2016年07月02日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品