氷菓 (11)

映画化作品|アニメ化作品

氷菓 (11)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

カドコミ
label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年10月26日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784041035900
カドコミ
label

映画化作品|アニメ化作品

氷菓 (11)

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2017年10月26日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
178
ISBN:
9784041035900

里志に受け取らせるため、摩耶花のチョコレート作りが始まる!

中学時代にバレンタインのチョコを里志に受け取ってもらえなかった摩耶花。今年こそはと、えるにも手伝ってもらい会心のチョコレートを仕上げた摩耶花だが、所要で直接渡せず部室にチョコを置いていたのだが…。 中学時代にバレンタインのチョコを里志に受け取ってもらえなかった摩耶花。今年こそはと、えるにも手伝ってもらい会心のチョコレートを仕上げた摩耶花だが、所要で直接渡せず部室にチョコを置いていたのだが…。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「氷菓 (11)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ■あきましておめでとう:十文字かほさん&摩耶花さんの巫女姿もさることながら、千反田さんの着物姿の破壊力たるや別格です!おみくじで凶をひいた折木さんを襲う、極寒の冬の納屋にコート無しで閉じ込められるとい ■あきましておめでとう:十文字かほさん&摩耶花さんの巫女姿もさることながら、千反田さんの着物姿の破壊力たるや別格です!おみくじで凶をひいた折木さんを襲う、極寒の冬の納屋にコート無しで閉じ込められるという地獄。でも横に千反田さん(着物姿)がいるという天国。思春期の青少年にはハードな試練です。折木さんガンバれ。 ■手作りチョコレート事件:めずらしくストレートなタイトル。ゲーセンが懐しく、ゲームのセレクトが粋だねぇ。チョコ作りに燃える摩耶花さんの目ヂカラがトラウマレベルです。摩耶花さんガンバれ。 …続きを読む
    竹城 俊之介
    2022年02月17日
    60人がナイス!しています
  • 冒頭の話が、小説の方にはないストーリーだとは最初思わなかった。読んだ記憶のない展開に、何となく、おや? と思ったのだが、これがアニメ独自のストーリー(しかし米澤さんが物語を作った)であることが、あとが 冒頭の話が、小説の方にはないストーリーだとは最初思わなかった。読んだ記憶のない展開に、何となく、おや? と思ったのだが、これがアニメ独自のストーリー(しかし米澤さんが物語を作った)であることが、あとがきでわかって、すごく得をした気分。冬休みの話だけど、古典部シリーズはやはり学校が舞台の方が似合うと思う。次の12巻で、どの話が読めるのか、今から楽しみ。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2017年10月27日
    54人がナイス!しています
  • 6年ぶりの再読。前巻から1年3ヶ月後の続き。時系列でいえば冬休みに突入。長かった「クドリャフカ」の後、4人の親密さが深まっていくのに比例して、心理的にも難しい出来事が増えていくような気がする。「クリス 6年ぶりの再読。前巻から1年3ヶ月後の続き。時系列でいえば冬休みに突入。長かった「クドリャフカ」の後、4人の親密さが深まっていくのに比例して、心理的にも難しい出来事が増えていくような気がする。「クリスマスは箱の中」は、いわゆる暗号ミステリ。里志のかけた謎は考えすぎかな。「あきましておめでとう」はアニメにもなったから、懐かしさも感じる。「手作りチョコレート事件」はこの巻で完結せず、次に持ち越し。このあと翌々年まで間隔があくとは、初読のときに想像できなかったから、今回続けて読めるのが幸せに思えてしかたがない。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2023年08月19日
    40人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品