ゼロから始める魔法の書IV ‐黒竜島の魔姫‐

アニメ化作品

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年08月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
360
ISBN:
9784048653060

アニメ化作品

ゼロから始める魔法の書IV ‐黒竜島の魔姫‐

  • 著者 虎走 かける
  • イラスト しずま よしのり
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年08月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
360
ISBN:
9784048653060

第20回電撃小説大賞《大賞》受賞作、第4弾!

世界を破滅へと導く【ゼロの書の写本】を作り出し、世界へとばらまいた謎の組織〈不完全なる数字(セストゥム)〉。
稀代の天才魔女ゼロと獣の傭兵は、その組織の情報を得るためゼロの故郷へ向かうのだが……その途中、2人が乗る貨物船は大海原の嵐にのまれてしまう。
――命からがら辿り着いた地。そこは、神聖な竜が住まうと伝えられる“黒竜島”という名の火山島だった。
【ゼロの書の写本】の回収を急ぐ中、思わぬ足止めをくらう2人だが、その島には“魔法”が普及した国家が存在していて……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ゼロから始める魔法の書IV ‐黒竜島の魔姫‐」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「アレは我輩の友だった。我輩の唯一だった。それを殺したと言うのなら、ーー相応の覚悟はしてもらうぞ。我輩、極めて不愉快だ……!」旅の途中、ゼロ達の船が難破し見知らぬ島に流れ着いた。しかも、その島にはなぜ 「アレは我輩の友だった。我輩の唯一だった。それを殺したと言うのなら、ーー相応の覚悟はしてもらうぞ。我輩、極めて不愉快だ……!」旅の途中、ゼロ達の船が難破し見知らぬ島に流れ着いた。しかも、その島にはなぜか\魔法\が普及していて…。ゼロは魔法を却下したい黒竜島の人々は魔法を使いたい。その相対する主張の行き着く先がどうなるかと思ったけど意外な最後だったね。安定のファンタジーなんだけどその割にはハードな世界観でご都合主義に進まないのが中々いいし。そして、ゼロの静かな怒り…カッコよすぎる!星4つ【⭐️⭐️⭐️⭐️】 …続きを読む
    θ(シータ)
    2015年12月13日
    97人がナイス!しています
  • 黒竜島を舞台にした第四弾。「ゼロの書の写本」を回収するために、ゼロと傭兵がゼロの故郷へ向かう船に乗るところから始まる話。ファンタジーの大定番ドラゴンを魔法を駆使してぶっ倒す。ファンタジーの王道を行く展 黒竜島を舞台にした第四弾。「ゼロの書の写本」を回収するために、ゼロと傭兵がゼロの故郷へ向かう船に乗るところから始まる話。ファンタジーの大定番ドラゴンを魔法を駆使してぶっ倒す。ファンタジーの王道を行く展開なだけあって、今回は中々面白かったです。やっぱりバトルが無いと物足りませんよね。〈不完全なる数字〉も物語に絡んでいるので、今後の展開も期待できそう。ただ神父がレギュラーキャラ化したのはちょっと意外でした。ここでお前が出るんかい!みたいな。これはリアもいずれ再登場するのかな?次巻も楽しみです。 …続きを読む
    まりも
    2017年01月18日
    57人がナイス!しています
  • 〈不完全なる数字〉の情報を得るためにゼロの故郷に向かう貨物船が難破し、神聖な竜が住まうと伝えられる魔法が普及した黒竜島という名の火山島に辿り着く第四弾。島では魔法が日常的に運用されていくと将来どうなる 〈不完全なる数字〉の情報を得るためにゼロの故郷に向かう貨物船が難破し、神聖な竜が住まうと伝えられる魔法が普及した黒竜島という名の火山島に辿り着く第四弾。島では魔法が日常的に運用されていくと将来どうなるか、そんな未来の一端が提示されるわけですが、ここでも〈不完全なる数字〉が絡んでいて、ゼロや傭兵だけでなく、写本を持ち込んだ魔術師や、竜を巡る島の事情、意外と早めな再登場の神父など、それぞれの正義が交錯しながら進められていく展開が面白かったです。王女もわりと良いキャラだったのでまた復活を期待。次巻も楽しみです。 …続きを読む
    よっち
    2015年08月10日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品