ゼロから始める魔法の書II ‐アクディオスの聖女〈上〉‐

アニメ化作品

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年11月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784048666497

アニメ化作品

ゼロから始める魔法の書II ‐アクディオスの聖女〈上〉‐

  • 著者 虎走 かける
  • イラスト しずま よしのり
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年11月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784048666497

“魔法黎明期”を駆け抜ける――魔女と傭兵の魔法書ファンタジー第2弾!

【ゼロの書】が巻き起こす魔法拡散の恐怖は、まだ終わっていなかった……。旅の途中、“神の奇跡”を使って市民を病気から救うという、美しき聖女の噂を耳にしたゼロたちは――。新章突入の第2巻!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ゼロから始める魔法の書II ‐アクディオスの聖女〈上〉‐」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「ゼロの書」に複写本が存在する可能性を知り、魔女ゼロが獣堕ちの傭兵とともに聖女の噂を聞きつけて旅へ出る第二弾。今回二人はその調査の旅程で聖女に出会い、一見守ってあげたい存在に見える聖女をつい助けてしま 「ゼロの書」に複写本が存在する可能性を知り、魔女ゼロが獣堕ちの傭兵とともに聖女の噂を聞きつけて旅へ出る第二弾。今回二人はその調査の旅程で聖女に出会い、一見守ってあげたい存在に見える聖女をつい助けてしまう他人の好意に慣れない傭兵と、傭兵への好意を隠そうともしないゼロが初めて嫉妬することを覚えて、そんな二人の不器用な関係や距離感が微笑ましかったです。本作が結果的に上下巻構成となったように、まだ若干冗長なところもあったかなと感じましたが、聖女の隠された秘密に迫っていく流れも面白かったので下巻に期待ということで。 …続きを読む
    よっち
    2014年11月08日
    57人がナイス!しています
  • ゼロと傭兵が旅路を行く中で、存在が噂される「ゼロの書の写本」。それと同時に奇跡を起こす聖女の噂も聞き、関係してるのではとクレイオン共和国を目指すも道中で聖女本人と遭遇し…。アクディオス編上巻。なんとな ゼロと傭兵が旅路を行く中で、存在が噂される「ゼロの書の写本」。それと同時に奇跡を起こす聖女の噂も聞き、関係してるのではとクレイオン共和国を目指すも道中で聖女本人と遭遇し…。アクディオス編上巻。なんとなく察してたけど、街を転々と進む展開は「狼と香辛料」と同じパターンだねw魔女を題材にするにあたり、やはり異端審問の教会との戦いは避けて通れないか。問われるのはゼロ本人ではなく聖女リア。どんな傷をも治す奇跡の力の持ち主だが、それによる影響は計り知れず…医師不要,格差社会を生み、反乱の火種が燻り続けてる→ …続きを読む
    Yobata
    2015年10月02日
    51人がナイス!しています
  • 獣人の傭兵と世間知らずな魔女の冒険譚第二弾。\神の奇跡\で人々を病から救う美しい聖女の噂を聞いた2人が、真相を確かめるべく聖都アクディオスへ向かう話。アニメ化記念に読むのを再開したけど、1巻の時と比べ 獣人の傭兵と世間知らずな魔女の冒険譚第二弾。\神の奇跡\で人々を病から救う美しい聖女の噂を聞いた2人が、真相を確かめるべく聖都アクディオスへ向かう話。アニメ化記念に読むのを再開したけど、1巻の時と比べて伏線の張り方や物語の展開が上手くなってる気がる。聖女に隠された秘密に徐々に迫っていく過程は中々に面白く、特に終盤に入ってからは夢中になって読み進めました。色々と引っかかるところはあるし、モヤモヤ感もあったけどそこら辺は下巻で一気に解決してくれると良いな。ゼロも少しずつ可愛くなってるし、次巻も楽しみです。 …続きを読む
    まりも
    2017年01月16日
    50人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品