限りなく完璧に近い人々 なぜ北欧の暮らしは世界一幸せなのか?

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
520
ISBN:
9784041033890

限りなく完璧に近い人々 なぜ北欧の暮らしは世界一幸せなのか?

  • 著者 マイケル・ブース
  • 訳 黒田 眞知
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
520
ISBN:
9784041033890

人生がつらいと感じている人はわずか1%! 「北欧の奇跡」の真実に迫る。

デンマークが世界一幸福? 世界一税金が高いのに? 高齢化、社会保障、移民、格差、地方衰退。北欧諸国も私たちと同じ問題を抱えている。なのになぜ? 『英国一家、日本を食べる』の著者が幸福度の秘密に迫る!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「限りなく完璧に近い人々 なぜ北欧の暮らしは世界一幸せなのか?」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者の本は日本(食)、インド(ヨガ)に続き3作目。英国人らしいシニカルな切り口でとても面白い。奥さんがデンマーク人らしく現在はコペンハーゲン在住とのこと。表向きキラキラ輝くスノーフレークの様な好印象の 著者の本は日本(食)、インド(ヨガ)に続き3作目。英国人らしいシニカルな切り口でとても面白い。奥さんがデンマーク人らしく現在はコペンハーゲン在住とのこと。表向きキラキラ輝くスノーフレークの様な好印象の北欧5か国の比較だが、著者は敢えてその陰に潜むネガティブ要素を中心に掘り起こしていこうという趣向。昨夏旅したご縁もあって、色々飛ばしてフィンランド編から読む。正直、辛口の著者がフィンランドを大絶賛していて驚いた。“スィス”という男らしさ(この場合、力の強さではなく、忍耐力や頼りがいのある静かな強さのことだ)→ …続きを読む
    bianca
    2019年12月26日
    38人がナイス!しています
  • 英国人ジャーナリストが北欧について書いた本でした。実際に現地へいき調査や取材を重ねた上で、北欧の人とはどういう人々かという命題に挑んでいました。あまり馴染みがないけども、欧州ではおおよそ北欧とはこんな 英国人ジャーナリストが北欧について書いた本でした。実際に現地へいき調査や取材を重ねた上で、北欧の人とはどういう人々かという命題に挑んでいました。あまり馴染みがないけども、欧州ではおおよそ北欧とはこんな感じというセオリーがあるようで、そこと違う部分や、より面白い部分が英国人らしい皮肉とともに紹介されていて、なかなか楽しく読めました。フィンランド人とは是非友達になってみたい。 …続きを読む
    R
    2017年05月08日
    36人がナイス!しています
  • 遠く離れた北欧の社会システムを日本人は賛美する。世界的にその傾向は強く、著者は集団妄想を粉砕すべく貪欲に調査した。5か国各々を訪れ、扱き下ろし、持ち上げ、歴史や政治、生活、国民性、その差異を上手く描写 遠く離れた北欧の社会システムを日本人は賛美する。世界的にその傾向は強く、著者は集団妄想を粉砕すべく貪欲に調査した。5か国各々を訪れ、扱き下ろし、持ち上げ、歴史や政治、生活、国民性、その差異を上手く描写している。互いに近隣国に思うところがあっても、総じてうまくいっているようで、やはり麗しく、魅力的だ。「人生を主体的に生きる」社会を希求し、なお変わることができる柔軟性がある。北欧ミステリは総じて陰惨だが、社会の暗部を憂慮する面が強く出るのだろう。時間をかけて読んだのに、やはり国がごっちゃになった。 …続きを読む
    Sakie
    2018年03月16日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品