探偵作家は沈黙する 平井骸惚此中ニ有リ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041033685

探偵作家は沈黙する 平井骸惚此中ニ有リ

  • 著者 田代 裕彦
  • イラスト とろっち
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041033685

「これは自殺じゃないね」――探偵小説家とその弟子が不可解な謎に挑む。

時は大正十二年。気鋭の探偵作家・平井骸惚のもとに、弟子入りを志願する青年・河上太一が現れる。骸惚は、不可解な自殺を遂げた作家の謎を解いた暁には、弟子入りを認めようと河上に持ちかけるのだが……?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「探偵作家は沈黙する 平井骸惚此中ニ有リ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 富士見ミステリー文庫から出ていたシリーズが角川文庫で。大正十二年ということで時代を意識した文章がよかった。事件にあまり魅力を感じず。発売予定だった2巻は出ていないようで…。 富士見ミステリー文庫から出ていたシリーズが角川文庫で。大正十二年ということで時代を意識した文章がよかった。事件にあまり魅力を感じず。発売予定だった2巻は出ていないようで…。
    coco夏ko10角
    2016年11月28日
    27人がナイス!しています
  • 大正十二年。探偵小説家・平井骸惚が「これは自殺じゃない」と断定する知人作家の不可解な自殺の謎に、骸惚に弟子入りを懇願し居候となった貧乏帝大生の河上太一が骸惚の娘・涼とともに挑む物語。弟子入りを賭けて二 大正十二年。探偵小説家・平井骸惚が「これは自殺じゃない」と断定する知人作家の不可解な自殺の謎に、骸惚に弟子入りを懇願し居候となった貧乏帝大生の河上太一が骸惚の娘・涼とともに挑む物語。弟子入りを賭けて二人が編集者・香月とともに犯人探しに向けて調査を開始するストーリーでしたが、柔和でいろいろ器用な太一と気の強い女学生・涼や、骸惚の家族を絡めたやりとりはなかなか興味深かったものの、ミステリとしてはあっさりめで探偵役として見た二人もまだ役者不足だった感。今回は推察していた骸惚が幕引きしましたが、今後の成長に期待。 …続きを読む
    よっち
    2015年11月09日
    27人がナイス!しています
  • 結果的に探偵作家が解決したということなのかな??なんか、面白いんだか面白くないんだかよく分かりませんでしたが、この時代背景は好きです。しかし、書生かぁ弟子かぁ。年頃の娘がいる家にあっさりとあげるのって 結果的に探偵作家が解決したということなのかな??なんか、面白いんだか面白くないんだかよく分かりませんでしたが、この時代背景は好きです。しかし、書生かぁ弟子かぁ。年頃の娘がいる家にあっさりとあげるのって当時はアリなのか??ちょっと変なところが気になりました。 …続きを読む
    igaiga
    2019年01月02日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品