ローウェル骨董店の事件簿

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041033623

ローウェル骨董店の事件簿

  • 著者 椹野 道流
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041033623

「最後の晩ごはん」シリーズで大人気の著者が描く、泣ける骨董ミステリー!

第一次大戦直後のロンドン。若く優秀な検死官デリックは、かの大戦で負った左目と心の傷を封印して暮らしている。仲の良かった兄のデューイとは、彼が信念の下に従軍を拒否して以来、すっかり疎遠になってしまった。そんなローウェル兄弟を、幼なじみの童顔刑事エミールは、心配顔で見守っている。
そんな時、ロンドンで美しい女性の殺人事件が起こる。貴族令嬢でありながら、家を飛び出し、劇団所属の女優となったヴェロニカ。
彼女は小さな貝ボタンを握りしめて死んでいた。
エミールがデリックの元に、この「美し過ぎる死体」を持ち込んだことで、デリックは殺人事件の捜査に関わることに。
捜査の課程で、久しく会っていなかったデューイとも再会することになるが……。

あの頃のロンドンで繰り広げられる、スリリングで切なくて、限りなく優しい、泣ける骨董ミステリー。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ローウェル骨董店の事件簿」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 第一次世界大戦直後のロンドン。戦争に行って傷を負った弟デリック、戦争に行くことを拒否し、投獄され傷を負った兄デューイ。戦争によってギクシャクしている二人の仲を取り持とうとする幼馴染みのエミール、デュー 第一次世界大戦直後のロンドン。戦争に行って傷を負った弟デリック、戦争に行くことを拒否し、投獄され傷を負った兄デューイ。戦争によってギクシャクしている二人の仲を取り持とうとする幼馴染みのエミール、デューイの養い子のケイ、登場人物が魅力的で良かった。検視官として働くデリックと刑事のエミールが追う女優殺人事件、犯人の身勝手な動機に呆れた。凄惨な事件とすれ違い兄弟の不穏な様子にもエミールの存在が和ませてくれました。彼が中和剤となって兄弟の関係も徐々に良好になるのかな。テンポも良くサクッと読了。 …続きを読む
    アン
    2016年10月06日
    50人がナイス!しています
  • 兄は戦役を拒否して投獄されたことにより、弟は戦争で負傷したことにより心身ともに傷ついて気持ちがすれ違う兄弟が事件の捜査にかかわる事で、また戦争遺児を引き取ることで仲直りできたの巻でした。それにしても美 兄は戦役を拒否して投獄されたことにより、弟は戦争で負傷したことにより心身ともに傷ついて気持ちがすれ違う兄弟が事件の捜査にかかわる事で、また戦争遺児を引き取ることで仲直りできたの巻でした。それにしても美しく優しい、女優として自分の未来を切り開こうと頑張っている女性を惨殺するなんて!犯人は心置きなく縛り首にし、黒幕とまとめて最悪の地獄に送ってやってください(T . T) …続きを読む
    hirune
    2016年02月06日
    43人がナイス!しています
  • シリーズ1作目。第一次世界大戦直後のロンドンが舞台。出だしの戦争シーンには本作を読むのに不安を覚えたが、2頁で終了で安心。タイトルから骨董店に事件が持ち込まれる系かと思ったが、刑事物でした。検死官の弟 シリーズ1作目。第一次世界大戦直後のロンドンが舞台。出だしの戦争シーンには本作を読むのに不安を覚えたが、2頁で終了で安心。タイトルから骨董店に事件が持ち込まれる系かと思ったが、刑事物でした。検死官の弟デリック、骨董店店主の兄デューイ、二人の幼馴染で刑事のエミール、そこに加わったデューイの養い子ケイ、この四人の関係がとても微笑ましかったです。特にデリックとデューイが椹野さんの書く兄弟って感じで読んでいて楽しいです。今回の被害者ヴェロニカが不憫すぎて辛かったです。 …続きを読む
    Disneylove
    2019年05月23日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品