角川文庫

火の子 燃ゆ 白石と大老暗殺

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年10月24日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784040706023

角川文庫

火の子 燃ゆ 白石と大老暗殺

  • 著者 福原 俊彦
  • イラスト 西 のぼる
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年10月24日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784040706023

若き日の新井白石が、大老・堀田正俊暗殺事件の真相に挑む!

貞享元年、大老堀田正俊が稲葉正休に江戸城内で殺された。二年後、堀田家家臣である新井白石は、元稲葉家家臣の医者が辻斬りされる事件に出くわす。正俊殺害との繋がりを直観した白石は、辻斬りを調べ始めるが……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「火の子 燃ゆ 白石と大老暗殺」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • (^^ (^^
    だいゆー
    2015年10月25日
    2人がナイス!しています
  • 説明が多すぎて、情景や登場人物の気持ちを推量する余地が残されていない。小説というよりレポートという感じ。帯の「サラリーマンから圧倒的支持」に期待して手に取ったが、読了後にはその表現に疑問がいっぱい。「 説明が多すぎて、情景や登場人物の気持ちを推量する余地が残されていない。小説というよりレポートという感じ。帯の「サラリーマンから圧倒的支持」に期待して手に取ったが、読了後にはその表現に疑問がいっぱい。「上司の仇を討つ」という記述にも気づいておくべきだった。江戸時代の武士の主君への想いはサラリーマンのそれとはまったくもってイコールじゃない。あ、部下に仇を売ってほしいお偉方には嬉しい小説なのか。うん、なるほど。役職付きの方には向いた小説なのかもしれない。 …続きを読む
    ぱんだモン
    2017年11月12日
    0人がナイス!しています
  • 新井白石の二度目に仕えた堀田家にまつわる記述は少ないという。その仕えた大老・堀田正俊の暗殺をめぐる謎を探る新井白石の活躍を描く。 新井白石の二度目に仕えた堀田家にまつわる記述は少ないという。その仕えた大老・堀田正俊の暗殺をめぐる謎を探る新井白石の活躍を描く。
    河野孝之
    2016年08月04日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品